Macintoshのブログ記事 45 / 75
    
    




 


ネットでもチラホラ見かけるMacBookのこのトラブル。アップルから正式なアナウンスが出ているようです。該当する症状のある方は連絡を取ってみてください。(APPLE LINKAGEさんからの情報より)

お使いの MacBook が断続的にシャットダウンする場合は、サポートサービスの窓口として AppleCare あるいはアップル正規サービスプロバイダまでご連絡ください。

MacBook Proのチーチー音は我慢できないこともないですが、この症状は困りますね。どのぐらいの出現率なのでしょうか...。





imac24.jpg
サッカーのイエメン戦の前にAPPLE LINKAGEさんで、一部の国のAppleStoreで「We'll be back soon」表示になっていると知ったのですが、10時になったら本国USで24インチの巨大iMacを含む新しいiMacシリーズが発表されておりました。9月5日に何か発表されるかも...という噂は本当でしたね!

アップルのサイトへ→アップル - iMac





アルミのゆがみに気づいたから...という訳ではないのですが、思い切ってうちのMacBook Proを入院させてきました。主なる原因は例の「チーチー音」です。Discussion Boardsの騒音問題のスレッドを読み、交換後の状況も良いようなので出してみることにしました。

午前中、Webで渋谷のGenius Barに予約を入れて、予約時間にGenius Barへ。ほぼ時間通りに診断開始です。





MBPのアルミのゆがみ?マクさんのところに取り上げられていた「マクブク・プロの開閉ボタンの上のアルミニウムが、変形中」ですが、うちのMacBook Proも言われてみればゆがんでおります。しかも、CD&DVDドライブの入り口のあたりまで続いています。(写真はちょっとわかりにくいですが...)

ちなみに左側半分はぴったりおさまっています。





昨日はアップルからメールが来ていました。バッテリー交換についてのお知らせです。

アップルはこれまで米国内において、バッテリーの過熱について9件の報告を受けています。回収対象のバッテリーをお使いの場合はすみやかに使用を中止し、バッテリー交換プログラムにお申込みください。なお、回収対象のバッテリーをiBookもしくはPowerBookから取り外した後は、お客様の手もとに交換用のバッテリーが到着するまで、コンピュータの駆動には必ずACアダプタをお使いください。

該当される方は必ずチェックしてみてくださいね。

今までこれについて取り上げた主な記事
now and then: バッテリー発火でアップルも経済産業省へ報告へ
now and then: 発火バッテリーでPowerBookなどもリコールへ

その他、9月になって新製品の噂などが多数出始めています。








Mac Fan (マックファン) 2006年 10月号 [雑誌] Mac People (マックピープル) 2006年 10月号 [雑誌]
今月のMacPeopleMac Fan2006年10月号は、両誌ともMac OS X LeopardとMac Proの特集です。どちらの特集もMac Fanのほうが総じて文字量が多いです。昨日一斉に出荷が開始されたCore 2 DuoについてはMac Fanのほうが詳しく報じております。





Apple MacBook 13Apple MacBook 13
実物はもう捨ててしまったのですが、昨日の朝日新聞朝刊にMacBookの全面広告が出ていました。(他誌はどうだったのでしょう?)見開き2ページで、ホワイトとブラックの「実物大」の写真が左右に配置されていました。色が白黒なので広告も白黒で済むからリーズナブルですな。(追記)広告は実際はカラーだったそうです。





APPLE LINKAGE経由で知りましたが、9月5日に新しいMac miniが発表されるという噂が出ております。

こちらは、アメリカのBest BuyでiMacMac miniが売り切れになっているという情報です。iMacも一緒に出るということかもしれませんね。
MacDailyNews | Best Buy currently lists all Apple iMac and Mac mini models as ‘sold out’

さっそくオンラインでの販売状況を見てみると、こちらはすでに「お取り扱い商品がございません。」だそうです。
iMac : ヨドバシ・ドット・コム
Macmini : ヨドバシ・ドット・コム





ソニー製の発火バッテリーの余波はまだまだ広がっているようですね。今朝TVを見ていたら、経済産業省からのこの要求に対しての報告がニュースになっており、その報告によると、Dellノートのバッテリー発火事故は国内では2件あったようです。最近のこの手の事故報告(湯沸かし器やシュレッダー)からすると、後からまたポロポロ出てくるかもしれませんね。
経産省、発火バッテリーでソニーに報告要求 - Engadget Japanese
ノートPC搭載リチウムイオン電池の不具合への対処について 報道発表(METI/経済産業省)

その他にもEngadget Japaneseが積極的にいろいろな記事をとりあげています。

PowerBook炎上後の写真は以前も見ましたが、アメリカでは正式にリコールとなった模様です。日本でも近いうちにアナウンスがあることでしょう。でも180万本ですか...。ソニー、ますます大変だなぁ。

アップル、180万本のソニー製バッテリーをリコール - Engadget Japanese
対象となるモデルは12インチiBook G4および12インチ・15インチPowerBook G4。台数はおよそ110万本が米国内、70万本が米国外。販売された時期は2003年10月から2006年8月まで。バッテリーのみが単独で販売された場合もあります。

追記:まだ英語ですがApple Japanの交換プログラムリンク先
iBook G4 and PowerBook G4 Battery Exchange Program


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事