Macintoshのブログ記事 64 / 77
    
    




 


QuickSilverの様子年末でもありますし、いろいろと不要品処分をししました。

EPSONのプリンタPM890Cとプレステ2はもらってくれる先があったので無料譲渡。結局うちではゲームは全然しないのです。当初はDVDプレーヤーとして使っていましたが、ここ2年は全く電源も入れておらず、ただの置物でした。

そしてiMac G5もなんとか落ち着きましたので、今まで使っていたPowerMac G4 868Mhzと17インチStudio Displayをオークションで出品。どちらも関西方面に向けて旅立っていきました。やっと部屋の中もすっきりです。

ソフマップなどの下取り価格を見ていましたので、この機種ですとある程度の金額にはなるかなと思っていましたが、総額で予想より5万円ぐらい高く売れたので、ホクホクしております。スピーカーもBoseにしちゃおうかなぁ。昔はマシンに愛着があって、里子に出せなかった(PlusとQuadora700)のですが、最近はすっぱりお別れすることにしています。





iTunesの15倍速の様子
iMac G5レポートでこれを報告するのを忘れていました。iTunesとiPodとのカンケイです。

まず、SuperDrive(松下DVD-R UJ-825)の性能が全然良くなってますので、リッピングが速いです!今まで頑張ってもせいぜい8倍速ぐらいのスピードでしたが、ご覧の通り15倍速程度で仕事をしてくれます。





Imacg5BlanciMac G5が来て1週間経過。まだそれほど使い込んではいませんが、日常的なことはスムーズに移行してしまったため、なんだか新しくなった実感が薄いのかもしれません。画面が広いのにはすぐに慣れてしまいました。設置後のこの本体後ろの空間をうまく活用しようと思っているのですが...まだポッカリと空いたままになっております。

一方、USBのコネクタのうち、3つ並んだうちの一番下のところが認識されないことが2度。1度はOSを再起動後に復帰、2度目は機器を抜き差ししているウチに認識。多少不安が残ります。...と書いている最中にまたダメです。年末はちょっとゴタゴタしているので、年明けにでもサポートに電話しようかと思っています。

その他、いつも使うようなアプリケーションはひとおおり動きましたが...





今朝、10.3.7 アップデートが出ていました。26.4MB也。

10.3.7 アップデートにより、Mac OS X v10.3 "Panther" の機能強化と信頼性の改良が行われます。すべてのユーザの方にアップデートをお勧めします。

主な改良点:
• 長い名前でファイルを保存するための AFP 対応の強化
• OpenGL テクノロジーの改良、ATI および NVIDIA 対応のグラフィックスドライバのアップデート
• FireWire デバイスとの互換性の強化
• 「プレビュー」アプリケーションのアップデート
• 他社製アプリケーションとの互換性の改良
• 以前に、単体で実施された最新のセキュリティアップデート

...ということで、12月はじめのセキュリティアップデートの内容も含まれています。さっそくアップデートしましたが、今のところiMac G5とPowerBook G4では問題ないようです。

Tiger(Mac OS X 10.4)を待ちきれずにiMac G5を買っちゃいましたが、Tigerに搭載予定の検索機能「Spoctlight」について、「ひきこもり」のゲイツ君、こんなこと言ってたんですな。





俳句のサンプルその後、あまりおつきあいする時間がなかったので、iMac G5の話題はちょっとお休み。ということで、本日はユーティリティのご紹介です。

現在はWindows版も出ている便利ユーティリティ「Konfabulator」。以前もTiger発表のときにちらっと紹介したことがありますね。

このところ気に入っているのがこのWidget
Konfabulator - Gallery - Haiku Generator v.x
自動的に適当な日本語をピックアップしてつくった俳句が表示されます。パソコン用語だったりそうでもなかったり。設定により、合間にasahi.comのニュースも表示できます。

表示される俳句は、ランダムに言葉を拾ってくるため、意味がつながらないものがほとんど。でもその脈絡の無さゆえに、たま〜に傑作があらわれますので、是非みなさまお試し下さい!





新旧2つを並べたところ 今回は、我が家にやってきたiMac G5 20 1.8GHz SuperDriveのファースト・インプレッションを。
「もちろん大満足です!」

まだ画面下の白い空白に目が慣れませんが、使い勝手は上々であります!

家人は、帰宅後「アフター」の状態を見て、開口一番「おい、本体はどこに置いたんだ?」とのお言葉。モニタと一体型だと説明したら、びっくりしていました。ノートパソコンだって薄いでしょ...と説明したら納得してましたが。それだけ、設置スペースがスカスカになってしまったということです。容量で言うと4分の1ぐらいの感覚です。狭い我が家ではこれくらいが分相応というところでしょう。

専有面積は減ってもディスプレイの面積も広くなってます。縦方向はいままでと同じですが、横方向が1.5倍広くなったようなイメージですね。それから今までに比べて画面が明るくなっています。まだ慣れないので少しまぶしい感じがしました。2つ並べたところが左上の図。ディスプレイは両方ともデフォルトのままで調整していません。蛍光灯で言うと、いままでが暖色で今度のが寒色という感じ。白い部分が青みがかっています。





作業前のQuickSilverこれは「ビフォー」...作業前のQuickSilver最後の姿。

昨日は早朝から目が覚めてしまったので、さっそくiMac G5のセットアップ作業を開始することにしました。まずは240Gのハードディスクのパーティションを切るところから。

まずはCDから起動...と思ったのですが、ワイヤレスセットの難点がここで発覚。ワイヤレスキーボードやマウスは、CDから起動している間は使えないのです。今はQuickSilver分があるからいいけれど、後日処分するつもりなので、今後のこと(特にキーボード)のことは考えておかないといけないかも。マウスはあるので、BTOではBluetoothモジュールの取り付けと追加でワイヤレスキーボードを購入すればよかった...と、この時点で少し後悔。

とりあえずマウスのみでCDから起動。パーティションの名前も「名称未設定」のまま、50+50+140の3つに分割。続けて付属のMac OS X Install Diskからシステムをリストア。この作業は45分で終了。

このあともう一度ユーザー登録からやり直しなので、マウスとキーボードをワイヤレスに変えて再起動。起動時にUSBのキーボードやマウスが認識されない場合は、ワイヤレスキーボードやマウスを探すようです。しかし、ここからが長かった...





iMac G5 20inchの箱昨夜7時頃、けたたましくドアをドンドンたたく音がしました。ベルをならさずに激しくドアをたたいて叫ぶおじさんは...「アップルからのお届けでぇ〜す」の福山通運でした。もちろんBTOで注文していたiMac G5の配達です。出荷案内(今見直したら6日の夜でした)から3日で到着でした。

おじさんは私の名前を確認したあと「あ〜よかったぁ、これで帰れるわ。(って、そういうのお客に言う言葉じゃないでしょ)前にも来たことあったよね、思い出した。」とかいいながら、重たいiMac G5を運んで来てくれました。今回はスムーズに受け取れたので一安心。

しかし、箱だけでもデカイですな。30インチのCinema Displayの箱なんかだともっとすごいんでしょうね。...で、明日休みだからゆっくり...とは思いつつ、我慢できないので動作確認だけしてみました。





iMac G5_Blue昨日の朝に、Apple Storeから"Shipment notification"というタイトルの出荷案内が届いていました。iMac G5 20 1.8GHz SuperDrive、いつ我が家に届くのでしょうか?私の中でかなり盛り上がってきました!

実際BTOでオーダーが行ったのは12月3日でしょうし、工場は土日休みでしょうから、2営業日程度でできあがったのかな...と想像。

本日以降、海外の工場から最大3-4営業日以内にお届けにあがる予定となっております。なお、納品日は交通事情離島部および一部地域、その他天候によって変更される場合があることをご了承ください。
ということで、海外ってどこだろう...と思いつつ、AppleStoreの「注文履歴」のページでチェック。

Carrierということで、シンガポールのこの物流会社の名前が出ています。 BAXGlobal.com - Welcome to BAX Global
...とすると今日あたりはもう成田に着いているかなぁ。





購入したメモリ着々とiMac G5の受け入れ準備を始めております。

まずは増設用のメモリの購入。予算的にいきなり2Gというわけにはいかないので、ひとまず1Gを購入し、いつかまた1Gを増設することにしました。ちなみに、ほんとうは同じ規格のものを2本刺した方が128ビットの処理になって、若干処理が速いそうです。

秋葉原の神和電機にてグリーンハウスの1Gで税込23,790円也。(ホームページもちゃんとあって、ちょっとびっくり。)


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事