Macintoshのブログ記事 65 / 73
    
    




 


新しいアルミディスプレイ
30インチまでのラインナップが揃った新しいApple Cinema Display。壁掛けにもなるなら...やっぱりテレビもみられないと納得いかないなあ。是非標準で機能をつけて下さい!





Mac OS X Tiger Previewアップルが時期OS Mac OS X Tigerのプレビューを発表しています。いろいろな新機能(といっても他のサービスを取り込んでいるだけだったりもしますが...)があって、楽しみです!
アップル - Mac OS X - Tigerプレビュー
今年ではなく来年早々ってことですね。早く使ってみたいけど...まだまだ先だなあ。

★Sharlockに代わる新しい検索エンジンを搭載した強力な検索機能「Spotlight」
★機能アップのiChat AV
★SafariでRSSニュース配信を受信できるようになるという「Safari RSS」
★私も愛用しているKonfabulatorの機能が標準搭載「Dashboard」
★簡単に自動処理が実行できる「Automator」
★さらにいろいろなものがシンクロできる「.Mac sync」

などなど...特にSafari 2.0は期待してます。KonfabulatorがOSに吸収されたのはびっくりです。でも便利だからマル。





アップルの次期サーバー用OS「Mac OS X Tiger Server」には、Weblogサーバ機能もあるようです。

米国報道発表資料抄訳:アップル、Mac OS X "Tiger" Serverをプレビュー
Weblog ServerはMac OS X Tigerの「Safari(サファリ) RSS」にフル対応しており、「Server Admin」内にあるチェックボックスを選択するだけで、ウェブログを簡単に運営できます。Weblog Serverは有名なオープンソースプロジェクト「About blojsom - Confluence" target="_blank">Blojsom」をベースとしており、Tiger Serverとは使いやすいインターフェイスによって緊密に連係しています。また、Kerberos認証とLDAPを統合するほか、カレンダーベースのナビゲーションと、カスタマイズ可能なテーマを提供します。ユーザは内蔵されているWebベースの機能や、XML-RPCあるいはAtom APIに対応したウェブログクライアントを使ってエントリを作成できます。
サーバーまでは試せないけど...興味ありますね。





G5の水冷システム図噂通り、新しいPowerMac G5が発表されました。ディスプレイは結局まだですね。「内側も外側も新デザイン」というキャッチもありますが、外側もなにか変わったのでしょうか?そしてOS 9が起動するPowerMac G4はひっそり売切中止のようです。
アップル、新しいPower Mac G5を発表

デュアル2.5GHz Power Mac G5は、革新的な水冷式システムを備えています。従来のヒートシンク方式と比べて効率がよく、しかもメンテナンスフリー。冷却液は非毒性で、水、防腐剤、プロピレングリコール(薬、化粧品、食品などに含まれる無色、無臭の化合物)を主成分としています。
おぉ、水冷ですか。このモデルに限らず、騒音は従来のG4の1/2とか。うちのQuickSilver...うるさいんですよね。水冷だとさらに静かになるのかな。

で、AirMac ExpressもStoreで購入できるようになっていたので、1-clickしてきました。こちらも楽しみ!





今朝からソフトウェアアップデート経由で「Secutiry Update 2004-06-07」がリリース。アップデート後、最初は一瞬AirMacの接続が切れましたが、一旦AirMacを「切」にしてから「入」戻すと元通り復活しました。





週末になり、週明けには新しいMacが発表されるのでは?という情報を流す噂系サイトが増えてきました。主にPowerMac G5のクロックアップとiMacのG5化というのが大半ですね。シネマディスプレイもそろそろメタル化でしょうか?前回一度噂が出て立ち消えになっていましたから、こちらも今度こそ...。





このところOS Xのアップデートが続いています。今までのセキュリティアップデート分も統合されたようです。今回はすべてのユーザの方におすすめだそうですので是非。Safariは1.2.2、Mailが1.3.8になりました。なにが変わったのかな。

• Mac(AFP)、UNIX(NFS)、PC (SMB/CIFS)、PPTP、ワイヤレスなどのネットワーク接続でのファイル共有やディレクトリサービスの改良
• OpenGL テクノロジーの改良、ATI および NVIDIA 対応のグラフィックスドライバのアップデート
• ディスクの作成、記録時の機能性の改良
• USB 2.0 経由で接続された iPod が iTunes と iSync で認識可能
• FireWire オーディオ、および USB デバイスとの互換性の強化
• アドレスブック、Mail、Safari、スティッキーズ、および QuickTime のアップデート
• 他社製アプリケーションとの互換性の改良
• 以前に、単体で実施された最新のセキュリティアップデート

追記:これをこっそり修正したのなら良いのですが...
完全ではなかったMac OS Xのセキュリティパッチ - CNET Japan





こちらのエントリーでご紹介したMS Pフォントですが、その後しばらく仕事で使っています。Microsoft Excel Xにおいては、画面上でフォントが正しく表示されないようです。表示上の問題だけで、印刷すると大丈夫だったりします。(例:もらったPフォント入りのシートを開くと、画面上は文字がはみ出ているが、印刷してみると指定通りになっている)

お試し版Excelで、保存時に互換性チェックを行うと、Pフォントの入った書類は旧Excelでは正しく表示されない場合がある...との警告が出ます。ちなみにWord XやPowerPoint Xでは問題なくPフォントが表示されているようです。最も使用すると思われるExcelでは使えないようにしたのかな。やっぱりあなどれず...マイクロソフト。

でも実際はとりあえず印刷できるだけでも助かっております。





Mac OS Xに脆弱性--危険度は「極めて重大」 - CNET Japan...だったのですが
アップル、セキュリティ勧告の「不適切」な分類に再三の批判 - CNET Japan...を受けていましたが、やっと
アップル、Mac OS Xのセキュリティアップデートを公開 - CNET Japan...ということになりました。

「Security Update 2004-05-24 for Mac OS X 10.3.3 "Panther" and Mac OS X 10.3.3 Server」です。ソフトウェア・アップデートでインストールできますので、Pantherをお使いの方は必ずインストールしましょう!





マイクロソフトのOffice 2004 for Macをダウンロードしてみました。194MBあります。ダウンロード後にできるイメージファイルからハードディスクにコピーするだけで30日間試用できます。起動時と終了時にいちいちダイアログがでる、画面のシートのバックにすかしが入る、印刷ができない...などの制限がありますが、ほぼ全ての機能が使えるようです。

MS PフォントをFontBookで見る最初にExcelを起動したのですが、今までのOffice同様、初回起動にいろいろと勝手にインストールしてくれるのですが、お約束のMS P明朝とMS Pゴシックもちゃんと入っています。そしてデフォルトもMS Pゴシック(しかも11ポイント)になってます。Remove Officeがセットになっているので、いらなくなったり期限が切れたらこれで削除すれば良いのですが、なんとこれで削除してもPフォント2種は残していってくれます。やった!!!

これで業務上の支障が1つ減りました。Pフォントな書類がきてもわざわざWindowsにもっていかなくても済みます!Office 2004にアップグレードしなくても良くなっちゃったかな。


 




アーカイブ

このアーカイブ中の記事