Hardwareのブログ記事 3 / 7
    
    



1 2 3 4 5 6 7

 


先日はiPad mini Retinaディスプレイ版が、そして週末はSIMロックフリー版のiPhone 5sとiPhone 5c が…このところ立て続けに突然販売を開始するアップルであります。

SIMロックフリー版 iPhone 5s と iPhone 5c、アップルストアで販売開始。5sは7万1800円〜(更新) - Engadget Japanese

一見価格は高くは見えますが、これまではSIMロックフリー版が欲しい場合は並行輸入版の割高なものを買わざるを得ませんでしたから、これも一歩前進でしょう。

そうそう、我が家に新しいMacBook Proが届いてから4週間が経ちました。今までと勝手が違って…というのは、ほとんどが新しいOS Marvericsのせいだったりするのですが、それもだいぶ慣れてきました。もうすっかり気に入っております。





MBA13update201311
おはようございます。

使い始めたばかりのMacBook Pro Retina 13では、たまにキーボードやトラックパッドが全く反応しなくなってしまう不具合に時々悩まされておりました。

新「Retina」搭載「MacBook Pro」、一部でキーボードとトラックパッドに不具合--アップル、解消に向けて作業中 - CNET Japan

これが起きると、蓋をパタっと締めて1〜2分おとなしく待ち、直ったかどうかキーボードを叩いてみる…という対応で切り抜けておりましたが、朝イチで、この不具合に対応したアップデートが出たという話をこちらのニュースでみかけ、さっそくソフトウェアアップデートをかけました。

Apple fixes 13-inch Retina MacBook Pro trackpad/keyboard issues, graphics bug on 15-inch | 9to5Mac





USキーボード用の日本語入力対応は、Google日本語入力の部分を除いて、こちらのサイトを参考にさせていただきました。といってもすでにiMacで使っていたUSキーボードでもこれで設定しておりまして、これでやっと環境が揃いました。

USキーボード MacBookユーザ必須の日本語入力環境設定。ワンボタンで「英数/かな」切り替えでストレス解消。 | clicktx::Tech::Memo





MacBook Pro Retina 13 inch売り出し初日にBTOで注文していたMacBook Proが、やっと我が家に届きました。しかし折しも日本シリーズの真っ最中。応援中にヤマト運輸が配達してくれたのですが、やはりMacBook Proも気になりまして、観戦しながらの開封でした。





昨日アップルストアから出荷案内のメールが来て、あらもう来るのかなと思ってしまいましたが、そうでした、私はBTOでしたので「上海を出ましたよ〜」というお知らせでした。

今日はやっと日本に到着したようです。





本日夕方、BTOでApple Storeに注文していたMacBook Pro Retinaモデル13インチ(US キーボード)の出荷案内が夕方に届きました。宅配便をうまく受け取れれば明日開封できそうです。わくわく。
(すでに外付けSuper Driveだけ、先に届いております)





おはようございます。昨夜就寝前、悩みに悩んで、とうとうAppleStoreにMacBook Pro Retina ディスプレイモデル 13インチを注文しました。BTOでUSキーボードにしたので届くまで少し時間がかかりますが、詳細はまた夜にでも。

ということで取り急ぎ。





このほど壊れてしまったMacBook Air(Mid 2009)と、弟から引き取ってきた初代MacBook Proの処分が終了しました。MacBook Airのほうは、10,000円で売却できました。ネットで複数見積をとったのですが、お店によって違いますね。やはり比べてみることは必要です。当然一番高いところに売りました。

初代MacBook Proのほうは、バッテリーが完全に死んでいるものの、起動はしていましたので、かなり古い機種ながら16,000円ちょいでヤフオクで処分できました。それにしてもMacBook Proは丈夫だなぁ。これで少し今回の購入の足しになります。昔からMacはジャンクでもそこそこ売れるところがポイント高いのです。





届いたんだけど、なんとも無味乾燥。AppleStoreに注文していた、「13インチMacBook Air 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5 整備済製品」が届きました。ヤマト運輸のいつものお兄さんが届けてくれたのは、無地のそっけないダンボール箱でした。





見積依頼をしていたジャンクと化した私のMacBook Air。バッテリーを交換したばかりだったのが功を奏したのか、思ったより高く売れそうなので、出戻りの初代MacBook Proも売却することにしました。初代MacBook Proを使う手もあるのですが、使い続けるにはバッテリーを交換する必要がありますし、ちょっと使ってみると今更Snow Leopardには戻れないことも実感しました。

普段やっていることは、ほとんどiMacとiPadで事足りるものの、やはりちょいと不便。そう思っていたところ、AppleStoreで整備済Macの売り出しがあり、現行MacBook Airも出ていたのです。モニタの前で迷いに迷った末に購入することにいたしました。


 

1 2 3 4 5 6 7




アーカイブ

このアーカイブ中の記事