Musicのブログ記事 4 / 22
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

 


話には聞いていましたが、グラフ化されたデータで一目瞭然、レコードはかなりの売上の伸びなのですね。

音楽界の鍵。レコードの売上げ伸び続ける : ギズモード・ジャパン





「アキラ」セット春に中古で買ったこちらの大瀧詠一プロデュースのこちらのCD…

小林旭「アキラ1」 - now and then

その後さらに中古でポツリポツリと入手して、このほどやっとコンプリートしました。
やっぱりアキラはいいなぁ。





R0016426.JPGもともと小林旭は好きだったのですが、特に大ファンというわけでもないけれど、歌番組に出てくる時にじっくり聴いていたぐらいのファンでありました。

大瀧詠一さんの諸々の特集号などを読んでいたところ、大瀧さんの企画/構成/選曲/リマスタリングによる、小林旭の企画アルバムがかつて出ていたことを知り、比較的リーズナブルな価格で中古CDをゲットすることができました。





年末に無くなられた大瀧詠一さんの最後の30周年アルバムが、先日3月21日に発売されました。私も、最後のアルバムかと思うと、20thのアルバムを持っているのに注文中(5%引きの生協に頼んだのでまだ届いておらず)です。

『EACH TIME 30th Anniversary Edition』本日3/19より配信スタート!号外“EACH TIMES”に寄稿した関係者も発表!

この発表の中にこんなお知らせが…

ナイアガラ30周年企画の最後を飾る記念アルバム『EACH TIME 30th Anniversary Edition』のリリースを記念して
iTunesでは3月19日から新譜の配信と合わせて未配信のカタログを一挙コンプリート!!
この機会に不朽の名作を是非チェックしていただきたい。 

お?ということで早速チェックしてみたところ、廃盤になり、中古でも少し高くなっていた「NIAGARA CM SPECIAL Vol.1 - Niagara CM Stars」が配信されていたので購入させていただきました。




石巻から帰る途中、仙台の本屋さんで買いました。今みましたら、amazonでは売り切れていてびっくり。まだ発売されたばかりなので、書店の店頭にはまだあると思います。

堂々472ページの異例の分厚い増刊号です。大瀧氏へのロングインタビュー記事をコンプリートで掲載しているので「コンプリート・エディション」なのだとか。2011年に発売されたものの増補版ということで、こういう別テイク+ボーナストラック付のような雑誌が発行されることそのものもナイアガラー的だなと思いました。





レコードコレクターズ 2014年3月号雑誌「レコード・コレクターズ」の2014年3月号。大瀧詠一追悼号第1弾です。やっと買えました。

2月の下旬に、職場近くの本屋さんで見かけたのですが、その時は時間がなく、後で買うつもりでスルーしました。しかしその後に出かけるたびにまわった本屋さんの棚からは、ことごとく姿を消してしまったのです。この雑誌がこんなに品薄になるとは!




昨年12月30日に急逝された大瀧詠一さん。年あけにはCDが売り切れ気味でしたが、急きょプレスされ、リマスター版がショップにずらりと並べられていました。最近は大好きな「青空のように」が入っている「ナイアガラ・カレンダー」を買ったり、録音した追悼番組を聞いたりしています。

まだまだいろんな仕事をして欲しかったな…




少し前に、たまたまNHKをつけっ放しにしていたら、「NHK歌謡コンサート」が始まりました。その時の最初の曲がこの新沼謙治の「ふるさとは今もかわらず」でした。新沼謙治さんがピアノだけの伴奏で、児童合唱団と一緒に歌っているのを聴いて、思わず聴き入ってしまいました。

そして偶然ですが、くみこさん(母)もこの曲が気に入ってCDを購入していたのでした。




サザエさんの本格的サントラ盤がついに発売された!というニュースは知っておりました。飛びつくつもりはなかったのですが、タワレコでなにげなく視聴したら「買わねば!」という気持ちにさせられました。店頭のヘッドフォンで、「サザエさん」のテーマをデジタルリマスターされた低音の効いたステレオサンドで聴いたところ、「おぉっ!」と軽い感動を覚えてしまったぐらいでした。



出張ついでに久しぶりに千駄木の往来堂書店さんへ。

ここは(買い過ぎそうで)危険なんだよな…と思いながら、あれにしようかな、これにしようかな…と見ているうち、先日のFM東京サンデー・ソングブックで、山下達郎氏が推薦していた本を思い出しました。でもdiskunion DU BOOKSから出した本のようだったし、マニアックそうな本だったし、まさかここには無いよなと思いながら、ささやかな音楽の棚をチェックしたところ…ありました!棚に並ばずにはみ出して、ほかの本の上に横になって刺してありました。


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22




アーカイブ

このアーカイブ中の記事