Musicのブログ記事 4 / 22
    
    



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

 


最近アナログ・レコードの人気が高まっているという話はあちこちで聞いていましたが、あらためてこちらの記事を読みました。

音楽が配信中心になった今、なぜ人は大きくて不便なアナログ・レコードに向かうのか | 林伸次(bar bossa)





今週末で新宿での上映が終わるらしいので、猛暑の中慌てて見に行きました。

黄金のメロディ マッスルショールズ|7月12日新宿シネマカリテほか全国順次公開予定

「マッスル・ショールズ」というのはテネシー川の流れるアラバマの小さな町の名前なのですが、この町のスタジオから、数多くの名盤が生まれているのです。そのマッスルショールズにまつわる音楽ドキュメンタリーであります。





カメラロール-3840先週末の8月1日、山下達郎 Maniac Tour ~PERFORMANCE 2014~に行ってきました。NHKホールです。(若干のネタバレあり)





本日届いた山下達郎「Big Wave」明日7月23日の発売を前に、amazonで予約していた山下達郎の「Big Wave (30th Anniversary Edition)」が届きました。このアルバムは持っていませんでしたので、リマスターでの発売を待っておりました!





話には聞いていましたが、グラフ化されたデータで一目瞭然、レコードはかなりの売上の伸びなのですね。

音楽界の鍵。レコードの売上げ伸び続ける : ギズモード・ジャパン





「アキラ」セット春に中古で買ったこちらの大瀧詠一プロデュースのこちらのCD…

小林旭「アキラ1」 - now and then

その後さらに中古でポツリポツリと入手して、このほどやっとコンプリートしました。
やっぱりアキラはいいなぁ。





R0016426.JPGもともと小林旭は好きだったのですが、特に大ファンというわけでもないけれど、歌番組に出てくる時にじっくり聴いていたぐらいのファンでありました。

大瀧詠一さんの諸々の特集号などを読んでいたところ、大瀧さんの企画/構成/選曲/リマスタリングによる、小林旭の企画アルバムがかつて出ていたことを知り、比較的リーズナブルな価格で中古CDをゲットすることができました。





年末に無くなられた大瀧詠一さんの最後の30周年アルバムが、先日3月21日に発売されました。私も、最後のアルバムかと思うと、20thのアルバムを持っているのに注文中(5%引きの生協に頼んだのでまだ届いておらず)です。

『EACH TIME 30th Anniversary Edition』本日3/19より配信スタート!号外“EACH TIMES”に寄稿した関係者も発表!

この発表の中にこんなお知らせが…

ナイアガラ30周年企画の最後を飾る記念アルバム『EACH TIME 30th Anniversary Edition』のリリースを記念して
iTunesでは3月19日から新譜の配信と合わせて未配信のカタログを一挙コンプリート!!
この機会に不朽の名作を是非チェックしていただきたい。 

お?ということで早速チェックしてみたところ、廃盤になり、中古でも少し高くなっていた「NIAGARA CM SPECIAL Vol.1 - Niagara CM Stars」が配信されていたので購入させていただきました。




石巻から帰る途中、仙台の本屋さんで買いました。今みましたら、amazonでは売り切れていてびっくり。まだ発売されたばかりなので、書店の店頭にはまだあると思います。

堂々472ページの異例の分厚い増刊号です。大瀧氏へのロングインタビュー記事をコンプリートで掲載しているので「コンプリート・エディション」なのだとか。2011年に発売されたものの増補版ということで、こういう別テイク+ボーナストラック付のような雑誌が発行されることそのものもナイアガラー的だなと思いました。





レコードコレクターズ 2014年3月号雑誌「レコード・コレクターズ」の2014年3月号。大瀧詠一追悼号第1弾です。やっと買えました。

2月の下旬に、職場近くの本屋さんで見かけたのですが、その時は時間がなく、後で買うつもりでスルーしました。しかしその後に出かけるたびにまわった本屋さんの棚からは、ことごとく姿を消してしまったのです。この雑誌がこんなに品薄になるとは!


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22




アーカイブ

このアーカイブ中の記事