夫婦別姓は「国家解体運動の一環」って?

昨日の報道でしたが、例外的に夫婦別姓を認める民法改正法案が今回も提出見送りでした。
asahi.com : 夫婦別姓、また遠のく

朝日新聞は賛成寄りの記事ですから、多少は割り引いて読むとしても、本紙記事中の政治家のみなさんの反対理由が謎でした。「夫婦別姓は国家解体運動の一環だ。一部マニアだけで議論して欲しい」ってどういうことでしょう???


なにも、世の中の夫婦全部にそうしろといっているわけではなく、あくまで「選択」することですし、夫の姓を名乗る、妻の姓を名乗る...に加えて、今のまま...という選択肢が増えるのが、どうして国家解体につながるのかなあ...。家族が壊れるって言っている人の家庭は、姓が同じだからってほんとうに円満なのでしょうか?親が子供を虐待して殺してしまったり、大人になりきれない人たちが、子供を連れ去ったり殺したり...。親もそれに気づかなかったり...。このこと以前に世の中とっくに崩壊してますけど。

「家族の中で姓が違うと子供がかわいそうだ」という話もありますが、これだけ離婚が増えてくると、親の離婚に左右されている子供の数と、夫婦別姓の家庭の子供の数を比べたら、絶対に離婚のほうが多いと思います。家族で姓が違う家庭があって当たり前になってくれば、そのような子供達にとってもいいことではないかなと思うのですが...。

「少子化が進む」というのもよくわからなかったなあ...。夫婦別姓の家庭は、子供は作らない...ってどこでわかるんでしょう?「夫の姓になりたくないとわがままを言う、小うるさい身勝手な女」という前提で考えているからでしょうね。妻の姓に変わる男性だっているでしょうに。

総じて「反対の理由」の理由がよくわからなかったというのが私の結論でした。

トラックバック(2)

産経新聞の社説が夫婦別姓を批判している。これは別姓批判派がよくする典型的主張の一つだが、論理が破綻しているものだ。 続きを読む

何度言っても残念ですが、報道によると自民党推進議員は夫婦別姓法案を今国会から提出 続きを読む

コメント(3)

こんにちは。遅ればせながらご挨拶申し上げます。夫婦別姓についての資料をまとめておりますので、よろしければ参考にしていただければ幸いです。
参議院選挙関係で興味深い記事も準備中です。

間違えて2度もトラバってしまいました。すみません。ついでに「国家解体」については以下のURLを参考にどうぞ。私も理解不能です。
http://www.oomae.jp/kokkai.htm
http://cgi.f4.aaacafe.ne.jp/~aramar/index0.htm

遅くなりましたがコメントありがとうございます。(今後とも遠慮無くどんどんトラックバックお願いします!)

ご紹介頂いたサイトも見てきましたが...絶句です。一種の冗談かと思ってしまいました。しかしいろいろな意見があるのが民主主義。この種の人に同感する方々は頑張って投票行動しているということなのでしょうね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2004年3月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ectoにかわるblogツール"weLoge"」です。

次のブログ記事は「Tonkeyさん版MT4i、18T2にバージョンアップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。