GX100:立て続けですがファームウェア1.13リリース

| コメント(0)

街角の石像リコーのCaplio GX100...先週ファームウェア1.12がリリースされた直後ではありますが、続いて1.13がリリースされました。

製品情報 / ソフトウェアダウンロード Caplio GX100 |Ricoh Japan

一部でかなり評判の悪かったオートフォーカスに関する修正も含まれているようです。私は腕が悪いので、ピントが合わないのは自分が悪いと思っていますので、この不具合について気づきませんでした。これでどの程度AFが良くなるのかどうかもわかりませんが、ロットによってはAFの精度がかなり悪いモノもあったらしいです。初モノはある程度覚悟が必要ですな。

・ RAWモードでの撮影で、シャッタースピードが 15 秒 以上になると異常画像が記録される現象を修正しました。
・ 通常AF時のレンズ制御の安定性を向上しました。
・ レンズキャップをつけたまま電源をいれ再生ボタンを押すと、操作が出来なくなる現象を修正しました。
・ モード切替後、ステップズーム設定がOFFになってしまう現象を修正しました。

何か撮ろう撮ろうとすると、なかなかうまくいかないものですね。気長に使っていきたいと思っております。

Omotesando

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年5月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「CLIE PEG-T650Cのバッテリーを交換」です。

次のブログ記事は「久しぶりに楽しみな火曜深夜縲恊VMacBook Proに期待してます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。