中央公論10月号「古本生活入門」

| コメント(0)
B000VBTYAA中央公論 2007年 10月号 [雑誌]
中央公論新社 2007-09-10

by G-Tools
中央公論」を買うのは、実は生まれて初めてでした。この古本の特集がなければ手に取ることもなかったでしょう...。

今回の特集の内容はこんなラインナップ。古本界の有名人ばかりです。
1)〈本好きの楽園へようこそ!〉
  古本屋を十倍楽しむ方法(岡崎武志)
2)一日古書店散歩 東京編(池内 紀)・京都編(山本善行)
3)〈稀本からエロ本まで―業界今昔物語〉
  人生が詰まっているから面白い 対談 北尾トロ×樽見 博

古本入門から東西の古本屋めぐり、そして昨今の業界話まで。全部で35ページほどでしたが、充分に楽しませていただきました。やはり西では「古本」と言えば京都になるのですね...。観光よりも古本屋さんめぐりで京都に行きたくなりました。

10月には岡崎氏の「古本病のかかり方」が文庫化されてちくまから出るそうなので、いまから非常に楽しみにしております。

...とamazonをブラブラしていたら、書籍のトップセラーはこちらでした。う縲怩゙。キャスのエコバッグ付きだったのですね...。再販予約しようかな。

4796659374キャス・キッドソンへようこそ (e-MOOK)
宝島社 2007-09-11

by G-Tools

男性にはこれから出るこちらでしょうか...
 【予約】 e-mook smart&mini 特別編集 HEAD PORTER PERFECT BOOK

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年9月16日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(4)」です。

次のブログ記事は「来年のお仕事手帳QuoVadis Exective」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。