奥田英朗「空中ブランコ」

4167711028空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
奥田 英朗
文藝春秋 2008-01-10

by G-Tools
文庫化を待ちに待っておりました。

前作の「イン・ザ・プール」の続編で、ちょっと変わった精神科医、伊良部先生のところに診察に訪れる患者達のお話です。しょっぱなは尖端恐怖症のやくざさんが出てくるのですが、私も尖端恐怖症(小学校の頃、男の子の振り回した傘の骨の先が目に刺さったことがあるのです。)なので、ちょっと共感する部分もあったりして...。

シリーズ2冊目ということもあり、どうも話の筋がパターン化してきてしまったような気もしますが、気楽に楽しく読めました。私も伊良部先生に見てもらいたいな...と思います。世の中一般的にも、もう少し気軽に精神科治療に行けるようになるといいですね。どうも「精神科」という名前が良くないような気がします。

伊良部先生シリーズの続きはもう単行本では出ているのですが、また文庫になるまで待ちます...。

4163247807町長選挙
奥田 英朗
文藝春秋 2006-04

by G-Tools
416771101Xイン・ザ・プール (文春文庫)
奥田 英朗
文藝春秋 2006-03-10

by G-Tools

トラックバック(1)

奥田英朗著 「町長選挙」を読む。 このフレーズにシビれた。  あのね、宮崎さん。デモクラシーなんてものは、実は最善じゃないの。機能するのは一定規模が必要な... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2008年1月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アップルの2008年第1四半期業績発表」です。

次のブログ記事は「Time Capsuleのお届け予定日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。