ブックオフのシールはがしにライター用オイル

| コメント(0)

Lighter Fuel先日は豪徳寺のブックオフで山口瞳「行きつけの店」の単行本を105円で。1,000円の値札シールの上に105円シールが貼られていました。文庫本も時々みかけるけれど、カラー写真が多くて読みやすいので、単行本の方がいいですね。

そんな調子でブックオフで買った本もどんどん増えていきます。読み終わったらまたブックオフに売ったり、他の古書店に売ったりするわけですが、その時困るのがブックオフの値札シール。ブックオフのシールは、不正防止のために値札シールがはがしにくくなっているそうで、シールを普通にはがすと、かならずノリの部分が本に残ってしまったりします。

そこで、ブックオフのシールが良くはがれるという噂の、オイルライター用オイルを買ってきました。ダイソーで105円也。

使い方は簡単で、シールの部分にオイルをしみ込ませ、1分ほどおくときれいにはがせませす。本のカバーに油がしみ込むこともありますが、揮発性の油なのですぐに蒸発してしまいます。

ブックオフのシールをはがしたところブックオフのシールを普通に手ではがすとこんな感じ。表面だけはなんとかはがせるけれど、シールの部分が取れません。これをさらに無理にはがすと、シールのノリだけがベタベタと残り、本を重ねると他の本にくっついてしまって始末が悪い。

そんなベタベタ状態になってしまった部分も、ティッシュペーパー(私は化粧用コットンを仕様)などにオイルをしみ込ませて、シールのノリの部分をふき取ればきれいになります。

さっそく何冊か作業。きれにはがせてスッキリです。ただし、引火性が強いので火気に注意してください。

ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像
ブックオフと出版業界 ブックオフ・ビジネスの実像小田 光雄

おすすめ平均
starsかなり過激です でも真実に近いでしょう....

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年1月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「mead CAMBRIDGE Buisiness Notebook」です。

次のブログ記事は「井の頭池観察記(31)バンのお散歩」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。