RICOH CX1のレビューを拝見

| コメント(0)

minamiさんのB-log Cabin TPで、リコーファンとして気になるデジカメ新製品、CX1のレビューを拝見しました。

B-log Cabin TP: RICOH CX1 - 超高速 CMOS コンデジ ファーストレビュー

うわあ、EASYモードですとマクロも自動で撮影できるのですね。リコーの魅力はマクロ撮影だと思っているので、マクロ域もとても魅力的です。夜間のサンプル画像は、なんだかとてもキラキラとした印象。CMOS採用で、今までとは一味違う写りになっているような気がしました。

R10ユーザーとしては非常に気になる新製品なのですが、R10を15,000円もかけて修理をしたので、個人的にはもう少し頑張って使うつもりです。願わくばGX200の後継機種(勝手にGX300だと思っています)でもCMOSが採用されて、少し違う次元になるようだったら、そちらが欲しいなぁ...と思ったり。

しかし今は、母くみこさん用のデジカメを物色中。とにかく液晶画面が大きい機種が欲しい(現在使っているのは古い機種のため、かなり液晶画面が小さいのです...)という希望がでているのと、あまり重たくなく、ボタン類がわかりやすくて押しやすい機種を探しています。

今の段階では、カタログからみてニコンのCOOLPIX S620、カシオのEXILIM S12、富士フィルムのFINEPIX F200EXRあたりを物色中。性能としては富士が一番良さそうだけれど、初心者向きではないような気がするので、今のところはニコンが最有力。しかしボタンのわかりやすさ、押した感じなどは、今後店頭であれこれ試してみるつもりです。実際買うのは5月ごろ...と思っているので、もう少し悩んでみます。この機種選びに悩むのもまた楽し...です。


リコー CX1 ブラック (SDカード2GB付き)

新製品発表で、R10もだいぶ安くなっております。

[【落下】対応!3年保険付 即納]【7.1倍ズーム付シックなデジカメ】RICOH R10

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年3月19日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone:OS 3.0は夏に登場。待ち遠しいです!」です。

次のブログ記事は「iPhone:3.0関連のスクリーンショットを見て回る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。