ku:nel vol.38とガース・ウィリアムズ

| コメント(0)
B00287GOZIku:nel (クウネル) 2009年 07月号 [雑誌]
マガジンハウス 2009-05-20

by G-Tools
今発売中のku:nel。魚をきれいに食べる特集や、熊にもひるまぬ北海道犬の特集も良かったのだけれど、表紙にもなっている絵本作家、ガース・ウィリアムズのお話が良かったです。

ガース・ウィリアムズの絵本で一番有名なのはこちらではないでしょうか。私も家にあったので、子供の頃に何度も読みました。お話には心打たれるものがあるのですが、少しトーン(ウサギの表情など)が暗いなぁ...と思っていました。

4834000427しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
まつおか きょうこ
福音館書店 1965-06

by G-Tools

ku:nelの記事を読み、彼がローラ・インガスル・ワイルダーの「小さな家シリーズ」(いわゆる「大草原の小さな家」です)の挿し絵を描いていたことを知りました。あの文中の挿し絵、木炭鉛筆で描かれた素朴なタッチを思い出し、懐かしい気持ちになりました。TVドラマとはかなり違った印象のイラストです。
大きな森の小さな家 ~インガルス一家の物語(1)~ (福音館文庫)大草原の小さな家 ―インガルス一家の物語〈2〉(福音館文庫)プラム・クリークの土手で―インガルス一家の物語〈3〉 (福音館文庫)

一緒に、「暮らしの手帖」(松浦弥太郎氏が編集長になってから、雰囲気がku:nel化してきたようにも思います)も購入。こちらは「活版印刷よ、ふたたび」の記事が気になって買ったもの。アジ紙本を読んでから、活版印刷がとても気になっています。いつか活版印刷の名刺が作りたいなぁ。

B00287GOJY暮しの手帖 2009年 06月号 [雑誌]
暮しの手帖社 2009-05-25

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年5月25日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iMacの引っ越しにFireWire 400/800変換アダプタ SON-FW-000005」です。

次のブログ記事は「海賊と会談中のオバマ大統領」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。