趣味の文具箱Vol.14「万年筆とインク」

| コメント(0)
4777913902趣味の文具箱 14 (エイムック 1776)
エイ出版社 2009-07-28

by G-Tools
MacBook Airを買ってドタバタしていましたが、趣味の文具箱Vol.14が発売になっており、しっかり購入しております。今回の特集は「万年筆とインク」です。

万年筆を使い始めると、いろいろなインクも試してみたくなります。私もペリカンの万年筆を買ってから、とりあえずペリカンのインクは3色試しました。純正以外のインクを試すのは少し怖いかな...と思っていました。でも、先日金ペン堂で、ペリカン+ウォーターマンのブルーブラックの組み合わせを勧められ、実際使ってみるとペリカンのブルーブラックとはまた違った味のブルーブラックに大満足。こうなると、自分好みの色のインクを試してみたくなります。

たくさんのボトルインクが紹介されていましたが、気になったのはパイロットの「iroshizuku <色彩雫>」や「ヤンセンのテーマインク」です。

特にヤンセンの新色「Charles Robert Darwin」が使ってみたい!ダーウィンというところもいいですし、色もジーンズブルーということで、ジーンズ党の私には気になるところであります。

ペリカンの600本限定の万年筆「M400SE Brown」や、丸善創業140記念の万年筆「檸檬」にも惹かれるところはありますが、ここはグッと我慢。

そのかわり、QuoVadisの今年の新製品「Time & Life」の詳細な記事があり、こちらは来年のダイアリーとして採用の意が固まりました。綴じはリング式に、フォントや頁のデザインも好印象です。マイページにある3ヶ月カレンダーと右側のメモ欄が狭くなったのは残念ですが、これは日曜日欄が大きくなったためなので仕方なし。今使っているポーターのカバーがそのまま使えるのかが心配ですが、とりあえずはカバー付きを買うことになると思います。やはりオレンジかな。もう発売になっているみたいなので、さっそく探しに行きます!


【2010年版 新登場 製品】クオバディス/QUOVADIS 2010年 1月始まりダイアリー Time & Life タイムアンドライフ 16×16cm



DR.JANSEN(ドクター・ヤンセン) ハンドメイド・インク テーマ・インク

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年8月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NetNewsWireの新しいベータ版3.2b縲廨oogleReaderとシンクロ」です。

次のブログ記事は「下鴨には行けないけれど...京王百貨店大古本市」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。