Quo Vadis Time & Life...その中身は

| コメント(0)

R00135332010年のダイアリーとして使う予定のQuo Vadis Time&Life。今までのExectiveとどこが違うかといいますと、土日も平日と同じ大きさになりました。綴じもダブルリングになって開きやすい!

プライベートの予定もしっかり記入できるということで「Time&Life」という名前になったようです。

R0013527一番始めの頁は年間折りたたみの年間カレンダー。2010年と2011年のものが1枚ずつ。折りたたみで裏表になったので、今までは見開き2頁に12ヶ月でしたので、実質の記入スペースが倍になりました。

R0013530この年間カレンダー、ゴム付きのしおり、そして2色のノートの部分は、リングから取り外しができるようになっており、ダイアリーの間に入れ込むことも可能です。使い方が広がりそうです。

R0013538右端はこのぐらいの幅。日曜日も並んだ分、右側の週単位のメモ記入欄は狭くなりました。個人的にはこの右側は、今週やるべきことを記入したりと、多用していたこともあり、今後は一番下のメモ欄の有効活用を考えないと...。

R0013539見た目は英語版のようにも見えますが、日本の祝日もしっかり表示されています。他には母国フランス、米国、英国の祝日も併記。

ダイアリー頁の他には
・大安・友引などの六曜カレンダーがローマ字で表記されたもの
・パーソナルノート(所有者の基本データ)
・3期分のタイムテーブル(3学期分に対応の時間割)
・空港、航空会社、ホテル、博物館、公園(主に東京圏)などの電話帳
・単位の換算表、各国の服や靴のサイズ表
・日本の郵便料金
・西暦和暦の換算表
・ワインチャート
・30カ国あまりの国々の祝日表
・同じく各国の平均気温
・レシピノート
・ToDoリスト
・国際電話の国コード
・カラーの世界地図
・セパレートになった住所録

...などがついています。見た目以上に日本的情報も満載です。

新しい使い心地を早く試したいので、12月になったら早速使い始めるつもりです。少し先ですが...楽しみ!


クオバディス/QUOVADIS 2010年 1月始まりダイアリー Time & Life タイムアンドライフ 16×16cm

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「来年2010年の手帳は...Quo Vadis Time & Life」です。

次のブログ記事は「イチロー、9年連続200本安打達成!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。