LEICA X1、M9...日本での発表会レポートを読む

| コメント(0)

leicax1.jpgデジカメWatchで、先週Appleのスペシャルイベントと同じ日に発表された、ライカの新しいデジカメ「M9」「X1」の、日本での発表会のレポートを読みました。

ライカ、「X1」「M9」の発表会を開催 - デジカメWatch
ライカカメラAG - フォトグラフィー - m9
ライカカメラAG - フォトグラフィー - x1

私も発表日にニュースでチェックしていましたが、80万円近くするM9は宝くじでも当たらないと無理としても、20万円前後だというX1は、飛びつくほどではありませんが、手のひらにものりそうなコンパクトさがいいなぁ...と思っていました。

1913年のウルライカにすでに備わっていた「ライカシェイプ」をX1が継承していること。ライカシェイプとは、バルナック型およびM型ライカに見られる、円筒の上下を平らにして左右の円みを残した形状。X1のマグネシウム製ボディシェルもライカシェイプを再現し、トップカバーとボトムカバーで挟み込むという、バルナック型およびM型ライカの伝統的な構造を守っている。
やはりそうですよね、そうですよね。見た目が今までのライカのコンパクトデジカメと全然違いますから。

これまでのライカのコンパクトデジカメは、いかにもパナソニックのデジカメという外観で、マークだけライカという微妙なものでしたが、今回発表された2機種は「LEICA」らしい外観。今までライカのコンパクトデジカメの日本での売れ行きはいま一つだったそうですが、見た目がパナソニックでしたので、当然だったと思いますが、今回は少し状況が違うと思います。

総革の縦型ケースもそれらしくてよさそうですし、記事を読んでいたらちょっと踏ん張って使ってみたいような気もしてきました。

ライカもTwitterアカウントアリ。
Leica Camera AG (leica_camera) on Twitter

4777914240CAMERA magazine(カメラマガジン)11 (エイムック 1790)
エイ出版社 2009-08-27

by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イチロー、9年連続200本安打達成!」です。

次のブログ記事は「井の頭池観察記(43)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。