ふんちゅうき(3)発見。

| コメント(0)

すいませんねぇ...この話ばかり続いて。夏休みモードということで勘弁してください。そしてお食事中の方は後でお読みいただいたほうがよろしいかもしれません。

フンチュウの図鑑を買った次の日、私は勇んで公園を歩き出しました。

井の頭公園のいつものコースを歩いていたのですが、急になんだか臭ってきました。これまでなら顔を背けて遠巻きに歩くのですが、この日ばかりは意気込みが違いました。もしやこれは糞では?!と、ドギマギして行先を行く手を見ると、ちょっと量の多いワンちゃんの糞らしき山が道端に!しかも、あまり干からびた感じではなく、新鮮な感じです。

最近は犬の散歩をする方のマナーもすっかり良くなったので、飼い主の皆さんはウンチも当然お持ち帰りされます。ですので、今時こんなのにはめったに出会えないのです。幸い人通りの少ない小道なので、人が見ていないことを確認し、側にあった小枝で恐る恐るウンチをひっくり返してみました。

そうしたら...いましたよいましたよ、フンチュウが。私が糞をひっくり返したとたん、糞の下かにいたフンチュウ達が慌てて脚を縮めてひっくり返り、コロンと死んだふりをしています。最近いつも持ち歩いているフィルムケースに入れて持って帰りたいのですが、糞にまみれていたフンチュウ達に一瞬躊躇。そうこうしているうちに、散歩の人が近づいて来るのが見えたので、そしらぬ顔で池などを眺めてやり過ごします。

人がいなくなったのを確認して、あらためて糞に向き合いましたが、ピンセットなどの道具もないので、小枝でフンチュウ達を糞の近くから弾き出し、エイヤってんで、無我夢中で素手でパパっとつまんでフィルムケースに10匹ちょっと拾いました。(それでも集まっていた数の半分以下です...)

その後、フンチュウをつまんだ手は、すぐに公園内のトイレで洗いましたが、とにかく汚いとかいう以前に、初めてフンチュウをたくさん捕ることができたことに大興奮。そんな自分にもびっくりです。これで念願の標本もできるぞ縲怩ニ、大満足で公園を後にしました。

今、これを書いていて思うのですが、こうして日々フンチュウ達が公園の糞を処理してくれているのかと思うと、本当に驚きです。街が綺麗になり、都会では家畜や野生動物もめっきり減り、ワンちゃん達のウンチまでも少なくなって、フンチュウ達には厳しい時代ではありますが、ウンチの下に大結集して獲物に食らいついていた姿を思い浮かべると、ちょっと感動的ですらあるなぁ...と余韻に浸っております。
(つづく)

ケンコーコムでは標本用品まで売っているのか...

 有頭シガ昆虫針 3号 100本入り

 有頭シガ昆虫針 3号 100本入り

価格:577円(税込、送料別)

こちらのお店はさすが専門店、さらに昆虫標本関連が充実しております。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年8月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2010 セミの初鳴き:ツクツクボウシ」です。

次のブログ記事は「ふんちゅう記(4)標本の下準備」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。