夏休みの宿題に!「増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方」

| コメント(0)
増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方増補改訂版 昆虫の図鑑 採集と標本の作り方
福田 晴夫 山下 秋厚 福田 輝彦 江平 憲治 二町 一成 大坪 修一 中峯 浩司 塚田 拓

南方新社 2009-07-31
売り上げランキング : 11136
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
今年の夏はムシ探しに熱中しているので、図鑑を買ってみました。紀伊国屋書店で平積みになっていたのがこちら。これまでamazonからも何度かオススメされていたのですが、実物を見てとても使いやすそうでしたので、高かったのですが購入決定!

出版元は鹿児島・奄美の本「南方新社」さん。基本的には九州・沖縄地方の身近な昆虫を紹介した本ですが、北海道や本州にいるかどうかの表記もありますので、日本全国で使えます。

似たような昆虫の見分け方や、セミの抜け殻の見分け方、蛾の幼虫(イモムシ・毛虫)、そしてゴキブリまで。広範囲に渡って2542種が紹介されています。昆虫採集方法と標本の作り方の解説はほんのおまけですからお間違えのないように!

昆虫は、日本に住んでいるだけでもものすごい種類がいるはずですから、1冊で網羅できる図鑑はあり得ませんが、「身近な昆虫」ということで、比較的ポピュラーな昆虫が中心ですので、お目当ての昆虫を探しやすいと思います。解説がどうしても九州中心の視点ですが、それもまたご愛嬌です。逆に、南は昆虫の種類が多様でうらやましく感じます。

さてもう夏休みも終盤。あわてて昆虫採集を始めたご家庭に1冊あると便利ですよ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年8月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーのCX4発表。でもデジイチが欲しい(今度こそ!)」です。

次のブログ記事は「井の頭池観察記(59)トンボが目立ちます。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。