オズマガジン10月号「本屋さん」

| コメント(0)

週刊ダイヤモンド「電子書籍入門」も気にならないわけではありませんが、やはり私はアナログということでオズマガジンの「本屋さん」特集号を買いました。

最近増えているセレクト本屋さんや、ブックカフェなど、女性誌らしい本屋さん特集になっています。

本屋さんや古本やさんは知っているところも多かったけれど、東京にこんなにブックカフェが増えていたとは知りませんでした。私の行動範囲のなかにも何軒かありましたから、いずれゆっくり行ってみたいと思っています。ほとんどが東京の本屋さんの紹介ですが、例外は恵文社一乗寺店と、高遠の本の家でした。

「本屋さんのある町」として紹介されていたのは、吉祥寺・西荻窪・谷根千(谷中・根津・千駄木)・わめぞ(早稲田・目白・雑司が谷)のエリア。どこも本好きにはなじみのある町ばかり。

「この秋に読みたいこの1冊」の特集では、女性向けオススメ本(日頃私が読まないジャンル多し)が並んでいます。吉祥寺の書店 ブックス ルーエのMr.ルーエこと花本さんも登場してる!おすすめ本も他の書店員さんとは一味違うような気がするなぁ。

オズマガジンは、2ヶ月後にiPad用の無料ダイジェスト版アプリが登場します。どんな風にダイジェストになるのかな。それもちょっと楽しみです。

今週15日には、いよいよコピス吉祥寺が伊勢丹跡にオープン。ジュンク堂が2フロアで入っています。吉祥寺界隈の本屋さんにとっても大激震でしょうねぇ。吉祥寺北口より徒歩2分(走らないと無理では?)という計算がどうしてもひっかかりますが、はじめは覚えられなかったコピスという名前もやっと言えるようになり、私の中でも期待が高まっております。ジュンク堂よりもキャラクターショップのフロア「キャラパーク吉祥寺」が楽しみだったりして...。地元っ子は、帰ってきた「三浦屋」が待ち遠しいそうです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年10月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「インフルエンザの予防接種完了。」です。

次のブログ記事は「アップルのイベント「Back to the Mac」は21日午前2時からだそうです。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。