井の頭池観察記(62)もう春が近づいております。

| コメント(0)

R0012387ここのところ、iPhoneのInstagram経由で井の頭池の写真を撮る機会が多くなり、逆にデジカメの登場回数が減っていました。この井の頭池観察記も、モミジの季節からずっと途絶えていたことにやっと気づきました。ということで久しぶりに。

本格的な水鳥シーズンを経て、もう水仙や梅が咲き終わり、梅の花の見ごろもそろそろ。もう春が近づいておりますよ縲怐B(ということは冬がすっぽり抜けてしまったということですが…)

R0012390昨年から出現した2羽目のオオバン。今シーズンはもう1羽のオオバンと2ショットで見かけます。


R0012325しかも、なぜか普通のバンもこのペアと一緒にいることが多いのです。一緒にいるというか、オオバンにおじゃま虫でついてまわっているという印象。


R0012345今シーズンのバンはお調子者というかんじですね。今シーズンは特に変わった水鳥は来ていないので、このオオバン×2+バンの3人組はよく目立ちます。


R0012398こちらは珍しくカワウが岸に近いところで休んでいたところをパチリ。いつもは遠くの方にポツンといて、なかなか近づけないのでした。

flickrのアルバムはこちら。ちなみに全てリコーのCX3で撮影。
井の頭池観察記(62) - a set on Flickr

年が明けてあまり写真を撮らなくなったのは、公園内が工事の仮囲いだらけだということもあるのです。年度末の工事だとは思いますが、ここは花見の時期までに工事が終わらないと大変なことになりますから、ホントに間に合うのかなぁ…などと考えながら歩いています。

一方、1日1フォト以上をノルマにしているInstagram。フィルタはかけますが、とにかくiPhoneだけで撮影しております。デジカメで撮影したものをInstagramにアップするのはどうも抵抗がありますし、その場ですぐアップできるところが良いところだと思いますので。

Night Heron ゴイサギ特に公園内では「もっとズームを使いたい!」と思うこともありますが、iPhoneの電子ズームの範囲で我慢。ですので、比較的大きく鳥が写っていたりする写真は、実際かなり被写体に近づいて撮影した貴重なものなのでありました。

←こちらはiPhoneの電子ズーム利用なので少し画面が粗く。

iPhoneでカワセミが撮れたらすごいんですけどね。さすがにそれは無理かな。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年2月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「フード・インク」観ました。」です。

次のブログ記事は「Facebookに押されてますがTwitterの話題。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。