節電対策に向けてLED電球追加。

| コメント(0)
B00400C7VGSHARP ELM LED電球(E26口金・一般電球形・白熱電球60W相当・810ルーメン・昼白色相当) DL-LA81N
シャープ 2010-08-20

by G-Tools
今住んでいるところは、古いアパートでして、裸電球がぶら下がっているところが6ヶ所ありました。すでに2ヶ所はLEDに、2ヶ所は蛍光灯ボールに替えましたが、夏を前に残り2つもLED電球にすることにしました。

LED電球、お店でもどれをかったらよいのかしばし迷いましたが、ビックカメラの触れ込みで業界一という明るさのシャープの電球にしてみました。

前回取り付けたときはこんな様子でした。

now and then: LED電球初体験

階段の上と玄関につけたLED電球は、家人に「暗い」と不評でしたので、この2ヶ所を新しいLED電球に交換。今回取り外したものを、残っていた裸電球と交換しました。

今回のLED電球は、触れ込み通り明るい!60W相当ということでしたが、もう少し明るいような気がしました。階段が昼間のように明るい!今までの倍ぐらい明るいような印象です。消費電力9.2Wと、他のLED電球に比べると若干大目ではありますが、これまではここに100Wの電球を付けていたので、これでも10分の1以下の消費電力になります。

今日は他にも、ホコリのたまったブラインドや本格稼働前のエアコンの掃除など、家のことをあれやこれや。エアコンもつけるなら少しでも効率が良くなるようにと、いつになく頑張って、割りばしや綿棒などで届くところまでなんとか拭いてみました。送風口から奥を覗くと、中もかなりカビ+ホコリな状況で、本当はプロにやってもらいたいところですが、部屋が汚くてとても呼べません。

とりあえず見えるところまで掃除して、そのあとエアコンを試験稼働させてみたところ、カビとホコリの混じった黒い粒子が送風口から降りそそぐという惨事になってしまいました。これで数%でも効率が上がるかなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2011年5月20日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Eki SCOSさんで買ったもの」です。

次のブログ記事は「井上海産物店の三陸わかめ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。