ヘンリー・スコット・ホランド「さよならのあとで」(夏葉社刊)

| コメント(0)

さよならのあとで と 痕跡本のすすめ夏葉社さんの新刊は「さよならのあとで」という詩の本でした。発売を知って、今回も地元の古書ビビビさんへ急行。五っ葉文庫さんの「痕跡本のすすめ」と一緒に買ってきました!

「さよならのあとで」は詩の本です。たった1編の詩の本でした。装丁は活版印刷で、しかも私の大好きな花柄の罫線が入ってますっ!活版の凸凹、よい手触りです。(触りすぎて黒くならないようにしなくちゃ…)

「死はなんてもないものです」英語では "death is nothing at all" という言葉から始まります。死別の悲しみを癒やすうた…とのこと。この詩は、イギリスでは個人を悼む場でよく朗読されるのだそうです。送る言葉というよりは、残されている私たちにあてて送られる言葉…ですね。ふぅむ。

高橋和枝さんの挿絵もステキで、文のじゃまにならずにさりげない雰囲気。挿絵の中でも空を見上げる絵がたくさんありまして、読み終わって夜空を見上げたくなりました。(寒いですが今日の東京は三日月がきれいです。)どうしてでしょうね、いなくなってしまった人のことを想うとき、空を見上げたくなります。

頭の中でいろいろ思いを巡らせて、故人を偲んでちょっとしんみりした後は、元気を出して痕跡本で楽しむとしますか…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年1月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドコモの通信障害とiPhoneに思う。」です。

次のブログ記事は「辺見庸「瓦礫の中から言葉を」…ううむ、これだと思わず唸る。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。