秋田のお菓子「雲平」を食す。

| コメント(0)

秋田のお菓子、雲平。初めて食べます!三越の全国のお土産コーナーで、秋田のお菓子「雲平」を見かけました。以前読んだ「東北おやつ紀行」に出てきたぞ!と気がついて、宮城の「くるみゆべし」などと一緒に買ってきました。

なんだかノリが入ったかまぼこのような見た目です。

縁の部分はなるとのようにギザギザしていて、ざらっと乾いた感じですが、基本的には「モチモチ」していて、噛むと砂糖のせいなのでしょうか、ザリっザリっという歯ごたえがあります。思ったより甘くて少しびっくりしました。この「雲平」はこちらの秋田の和菓子屋さんのものでした。

秋田のもろこし村!元祖 秋田諸越本舗 杉山壽山堂へようこそ!
もろこしが有名なんですね。もろこしも意外と好きデス。

調べてみると、雲平粉+砂糖というのは基本ですが、見た目のバリエーションはいろいろあるようですね。

東北おやつ紀行」に出てくるお菓子は、地元宮城のお菓子を除くと、食べたことのないものばかりでした。1つクリアできてちょっとうれしいです。

という訳で、和菓子は基本的に価格がリーズナブルなので、最近ちょっとはまっております。

市川慎子「東北おやつ紀行」は心にしみました。 - now and then
あいおい古本まつり・東北のお菓子・聞き書き宮城の食事 - now and then

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年2月22日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「被災地の景観を台無しにするコンクリート防波堤」の記事」です。

次のブログ記事は「今週の気になる記事Clip:アップルに続いてマイクロソフトも…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。