金港堂のブックカバー

| コメント(0)

R0016037.JPGヒノキの花粉がこんなにひどいとは…と思っていたら、どうやら風邪っぴきでした。鼻が詰まって息ができず、苦しいです。

鼻水をすすりながら昔買った新書を探していたら、セイシロウさん(父)の蔵書からもらってきた新書(中身は中公新書「マダガスカル自然紀行」)を見つけました。昔の金港堂のブックカバー付き。

R0016039.JPGよくみると、ちゃんと「立町店」(石巻の)もあります。たぶん、立町店で買ったものと思われます。


R0016040.JPGしかし、このブックカバー、お店で付けてもらったカバーをそのままにしているわけではなく、セイシロウさんがカスタマイズ(?)して付け直してあります。

密かに私が「お父さんカバー」と称していたもので、わざわざ切り込みを入れた上で、きっちり折り返してあるのです。なので、だんだんカバーが緩んできたりしないので、読むときにはなかなか良い具合なんですよ。まねをしても、なかなかここまできっちりできないんですよねぇ…。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年4月 1日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BEN & JERRY'S チャッキーモンキー」です。

次のブログ記事は「今になって「現代思想」2013年3月号の震災特集を読む。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。