今年はインフルエンザの予防接種でかなり腕が腫れました。

| コメント(0)

なにかあるからといわけでは無いのですが、今年は早々にインフルエンザの予防接種を受けてみました。2〜3年振りでしょうか。

今回は接種翌日からかなり腕が腫れて痛み、肘が曲げにくくなって困りました。同時期に受けた家人は多少腫れた程度でしたので、反応の個人差によるもののようです。

今年のワクチンは以下の3種混合だそうです。


  • A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm09株
  • A/テキサス/50/2012(X223)(H3N2)株
  • B/マサチュセッツ/2/2012(BX-51B)株

注射そのものは全く痛くなかったのです。先生も「最近の注射針は細くなって全然痛くないからねぇ」と言いながら、左腕の二の腕…といってもかなり肘よりのところにブスリ。看護師さんには、このあたりが(打ったところ)しばらく気になりますよと言われて、どういうことかなと思っていました。

1)当日は、卵の黄身ぐらいな範囲でもっこり腫れました。

2)翌日になってみると、腫れが一回り広がった感じで、肘の方まで腫れてしまい、腕が曲げにくくなってしまいました。ズキズキという痛さではありませんが、なんだか痛いという感じです。曲げたりぶつけたりするとイタタという感じでした。左腕にあまり力を入れられません。この状態が2日続きました。

3)3日目には、肘の上の腫れはひいてきましたが、なぜか肘の下あたりが腫れてきました。特にぶつけたような覚えもありませんから、これも注射の影響かなと思ったり。ただ、この頃からやっと痛みではなく痒みになり、5日目にやっとこの状況も収束に向かいました。

前回受けたときも、ぽっこり腫れてかゆくなったりはしましたが、ここまで腕が痛くなることはありませんでした。今後もまたこんなになるのだったら、あんまり受けたくないなというのが正直な感想でありました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年11月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あらためて…鈴木啓志「ゴースト・ミュージシャン ソウル黄金時代、アメリカ南部の真実」」です。

次のブログ記事は「MacBook Pro Retina:キーボード&トラックパッドの不具合に対応するファームウェアアップデートが出ました!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。