塚谷裕一「カラー版 - スキマの植物図鑑」

| コメント(0)
カラー版の新書につき、少し高いので購入に躊躇したものの、買って良かった大当たり。私の中ではランキング上位になりそうな新書でした。

著者の塚谷裕一さんは東京大学大学院理学系研究科・理学部 生物科専攻の教授でありますが、中身はいたってわかりやすい内容です。

解説の文書だけ読んでいると、都会の道端植物図鑑ではあるのですが、写真は全て「スキマ植物」というところがミソ。よくもまあこんなところにこんな花(もしくは樹木!)がという写真あり、「あ、こんなのよく見かけるな」という都会でありがちな風景あり…。

意外にも雑草というよりは、多くは園芸植物がスキマに逃げ出しているようで、その生命力の強さに感服いたしました。いや、先生曰く、植物にとっては決し「ど根性」のいるようなことではなく、逆に居心地の良い幸せな場所なんだそうですよ。

そして東京のような土の見えない環境でこそ、このスキマの植物たちの活躍の場でもあり、まさにパラダイスなのかもしれませんね。

明日からは道を歩いていても、そんなスキマ植物がヒジョーに気になる存在になりそうです。

ということで、久しぶりの☆☆☆☆☆5つ星の新書であります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年4月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネットを超えた本屋さんとは。」です。

次のブログ記事は「Ultimate Ears Triple.fi 10 Proを売却。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。