ピケティ「21世紀の資本」:やっと峠を越えたところ…

| コメント(0)

以前としてチビチビと読書継続中のピケティ「21世紀の資本」。やっと半分を越えた所まで到達しました。

ビケティさんも来日し、ますますクローズアップされている様子を横目で見ながら、早く読み終わらなきゃと焦っている割に、いっこうに先に進まないジレンマの毎日です。

確かに内容は難しくないです。いまは労働所得の格差のところまで来ました。これまでなんとなく同じような話が何度も出てきているような気もし、同じようでちょっと違うたくさんのグラフでページが増えているようにも思いました。

でも言わんとすることは納得できますし、私としては共感もできるので、途中で投げ出せないでおります。

他の本が読めないので、早く読み終わりたいのですが…。今夜もすでに眠い!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年2月 7日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014年の本の総決算と私の3冊…ではなく今年は5冊。」です。

次のブログ記事は「玄関のチャイムの電池が切れていて、音が鳴らない状態でした。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。