どうかどこかで蛹になっていますように…

| コメント(0)

アゲハの幼虫。
毎日通る大家さんの家の勝手口の近くに、お隣の家から塀越しに伸びるカラタチの小さな木があります。若木ということもあり、よくアゲハチョウが卵を産み、幼虫がいることもあるのですが、大きくならないうちにいなくなってしまいます。鳥に食べられてしまうのでしょうね。

しかしこの秋は、長雨がかえって幸いしたのか、めずらしく5令(緑色)まで育った幼虫がいました。通るたびに気になって、いつものぞき込んでチェックしておりました。

アゲハの幼虫。
この場所で…

アゲハの幼虫。
少し前はこんな姿でしたが…

アゲハの幼虫。
糞もびっくりするほど大きくなってきて…

アゲハの幼虫。
一昨日からあまり動かなくなっており、そろそろ蛹になるのかな、と思っていたところ…

アゲハの幼虫。昨日帰宅してみたら、雑草やらなにやらがキレイに刈り取られており、お隣から伸びていたこのカラタチも、短く刈られていました…。あぁ、あの幼虫はどうしたのだろう…。

大変ショックではありましたが、枝葉が刈り込まれる前に、どこかに移動して蛹になっていることを祈ります。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年9月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iPhone 6S:料金プランを決めろというお達しの後、当日受け取り決定!?」です。

次のブログ記事は「久しぶりに立派なオニグモを見つけてウレシイ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。