不忍ブックストリート2016年一箱古本市:こんな箱でお待ちしております。

| コメント(0)

不忍一箱古本市出品BOXいよいよ明日は、第18回 2016年春 不忍ブックストリートの一箱古本市であります。お天気もなんとかギリギリ曇りでもちそうです。

私「くものす洞」は、特別養護老人ホーム谷中で出店いたします。こんな一箱でお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りください!

本年の出店先は三崎坂の下、通称へび道のそばにあります。へび道は、かつてこのあたりを流れていた藍染川が暗渠となった跡地。地形好きにはぴったりの場所…という事で、本年はブラタモリ的アプローチで、東京の地形&古地図散歩をテーマにしてみました。その系統の関連文庫も多数(?)ご用意しております。

広大な武蔵野台地の最東の縁、本郷台を藍染川が削った谷間がへび道あたり。坂を上ったり下ったり、くねくね歩いてみたりしてください。

地形はいいよ〜(植物男子ベランダー・茂木梅吉風)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年5月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「物書堂さんの「野に咲く花(山溪ハンディ図鑑)」、発売記念セール中。」です。

次のブログ記事は「3度目の不忍の一箱古本市、無事いたしました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。