須黒達巳「ハエトリグモハンドブック」

| コメント(0)
文一総合出版のハンドブックシリーズ、次々と色々なハンドブックが出版され、ネイチャー派には悩ましいシリーズです。好きなジャンルのハンドブックはすでに何冊か持っています。もちろん「クモハンドブック」も。

そしてなんと今回は、さらに分野が細分化。ハエトリグモハンドブック登場です!

著者は「ハエトリひろば」というサイトもお持ちのハエトリグモの研究者の須黒達巳さん。ハエトリグモ界では有名な方です。昨年、こんな本も出されています。

須黒達巳「世にも美しい瞳 ハエトリグモ」:ハエトリグモがとにかくキュートです! - now and then

今回のハンドブックも、素晴らしいハエトリグモの写真満載で、見分けるポイント、個々のレア度、類似種、ハエトリグモの捕獲の仕方から新種候補のハエトリグモ達の写真まで、ハエトリファン大満足の1冊です。

パラパラめくると、見たことのあるクモはほとんどよくいるタイプ。いつかレアなハエトリグモも見つけてみたいものです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年6月23日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「牡鹿半島の先端、おしか御番所公園から金華山を臨む。」です。

次のブログ記事は「「いしのまき元気市場」をちょっと偵察。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。