萩原健太郎「伝統こけしの本」

| コメント(0)
イオンのギフトカードをいただいたので、イオンのショッピングモールへ。でもイオンで買い物したいものはあまりないかなと、結局未来屋書店へ。

こちら、私と最も相性の悪い本屋さんで、私の好むタイプの本がほとんど並んでいないのですが、今日は運よくこちらのこけし本を見つけました。

各地のこけしの紹介だけでなく、実際に工人を訪ねて取材されており、眺めるだけでなく読みどころが多い本です。工人さんがこけしを作る様子が写真で掲載されているのがいいですね。

眺めていると欲しくなってしまうので目に毒ではあるのですが、産地の名所案内もあり、いつかそれぞれ訪ねてみたいです。さしあたっては土湯に行きたいんですけどね。きっとそろそろ紅葉だろうなぁ。

土湯温泉観光協会【公式】

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2017年10月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「とにかく自民党が勝ちすぎなければいいと思うのですが…。」です。

次のブログ記事は「中秋の名月。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。