ヨシタケシンスケ「あるかしら書店」本好きにオススメ!

| コメント(0)
ヨシタケシンスケさん、いつも書店の絵本コーナーの気になるヒトでした。小さい子がいる家では無いので、自分で絵本を買うというのもなんなのでと、いつもチラ見していました。

この「あるかしら書店」は絵本というよりはマンガに近いでしょうか。大人向け絵本です。これも書店で気になるなと思ってマークしていたら、そのあとに立ち寄った図書館にあった!

この表紙にいるおじさんが、様々なお客様の「○○な本、あるかしら?」の声に答えて、いろんな本を出してくれます。


とにかくヨシタケさんの絵が可愛い!

どんな「あるかしら」にも「ありますよ」と胸を張って答え、「こんなのどうかしら?」と本を勧めるおじさんが何よりステキです。

そしてそれがとにかく楽しい本(どんなものかはみてのお楽しみです)が次々と現れますし、何より本屋さんを訪れるお客様たちが、皆さん喜んで帰っていく姿が印象的です。

本好きならクスリと笑わずにはいられないエピソードばかりです。本当に楽しかったー。ヨシタケさんも、本が大好きなんだろうなと思いました。そうでないと描けないと思いマス。幸せな気持ちになれました。

クリスマスの時期には、クリスマスバージョンのカバーがかかっていたそうですが、通常バージョンでも、カバーと表紙にもちょっぴりだけ仕掛けが入っていますので、チェックしてみて下さい。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年1月15日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初めて多賀城市立図書館(いわゆるツタヤ図書館)に行ってみました。」です。

次のブログ記事は「珍しく読んでいた…直木賞の門井慶喜「銀河鉄道の父」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。