突然ですが年金改革

| コメント(0)

突然固い話。選挙が終わってから出た厚生省の年金改革案。もう少し選挙前にもっと議論されるべきではなかったでしょうか。
asahi.com : 女性の老後 充実するか
asahi.com :年金 明日の姿は? 厚労省の改革案を検証(1)
年金 明日の姿は? 厚労省の改革案を検証(2)
個人的には第3号保険者(サラリーマンの主婦)が保険料負担がないのは納得いかない部分もあります。自営業の家の「専業主婦」は保険料を払っているということを今回初めて認識しました。たしかに払っている人は納得いかないですね。サラリーマンの皆さんは、自分の奥さんの分の保険料を、全部とは言わないけれど、ある程度は負担することにすればいいんじゃないかなあ。

専業主婦はこのままいくと少し有利になるけれど、専業主婦を妻とする男性はつらいですよね。自分の稼いだお金で保険料払ってたのに、最後に離婚されちゃったら年金までかなり減ってしまうわけです。それだけ奥様が家庭に貢献しているからということなのでしょうが、男の人たちもよ〜く考えた方がいいですよ。これだとますます熟年離婚は妻主導になりそうですね。
でも決して専業主婦(ただしサラリーマン家庭)バッシングというつもりはありません。念のため。

今回は、単純に保険料負担や将来もらえる給付水準の問題だけではないことがいろいろ含まれていて、個人的には非常に気になります。どうも毎回改正直前になって世の中が騒ぎだして、最終的には仕方ない...という状況になっているような気もします。まだ改正「案」のうちに、もっといろいろと議論を重ねて欲しいものです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2003年11月29日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「iTunes Misic Store 日本に上陸できるか?」です。

次のブログ記事は「Apple Store 銀座 ...行列がスゴかった...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。