話題のJobsの伝記"iCon"

Icon: Steve Jobs, The Greatest Second Act In The History Of Business
Jeffrey S. Young William L. Simon


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
5月13日あたりにまでには書店に並ぶ予定のジョブズ氏本人未公認自伝。もちろん英語ですが、アメリカ本国では、この本の出版社発行の本をAppleStoreが一斉に取り扱い中止にしたことでちょっとしたニュースになっていました。  AppleInsider | Apple stores pull Wiley titles over new Steve Jobs biography

New York Timesの記事にもなっていて、ジョブズ氏がかつて別の自伝を出したランダムハウス社の役員に電話をして出版差し止めを依頼した...とか、この出版社からMac関連の本を出している人にはとばっちりだ...というような話になっていました。でもこの引き上げ騒ぎで、出版社への問い合わせも増えたらしいです。

この"iCon"というタイトルも眉をひそめるようなものらしいですね。いわゆるアイコンの「icon」という意味と、別の意味をひっかけているということで、辞書で調べると"con"には「詐欺、ペテン、嘘」という意味もあるようで...。

トラックバック(1)

「モノ」が好き! - Icon: Steve Jobsの本 (2005年5月 3日 10:16)

同社出版の本がApple Storeから撤去されるほど話題になっている本のようですね。 かなり辛辣なことが多々書いてあるようです。 Book Descript... 続きを読む

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2005年5月 3日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駒込ルフティックでのランチ」です。

次のブログ記事は「iMac G5...いよいよですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。