Apple TVとiPhoneを発表し、Apple Inc.に変身

iPhoneおはようございます。今朝は目覚まし時計が鳴る前に、4時半ごろから目が覚めてしまいました。日本のアップルのサイトはトップページがまだ変わっていませんが、米国アップルのサイトではトップページがiPhoneに。第一印象、携帯電話とは思えない外観です。Appleからのストリーミング配信はまだのようですので、日本語で読めるライブレポートを読みました。

Macworld 2007:スティーブ・ジョブズ キーノート - Engadget Japanese
MacWorld San Francisco 2007開幕--S・ジョブズがついにiPhoneを披露 - CNET Japan

レポートの写真を見る限りでは、秋のWWDCの時よりもご機嫌で元気そうです。休職宣言も無かったようなので、まずは安堵。

最初はiTunes Storeの話題から。映画のコンテンツとしては、パラマウント映画が加わるとのこと。と言っても、すでに先日お伝えした通り、テレビ番組としてのSTAR TREK(映画では無いけれど、これもパラマウント)は配信が開始されているので、これはそれほどの驚きではありません。少しずつですが、参加する会社が増えるのはうれしいこと。次はディズニー映画だけでも日本で販売開始して下さい!

Apple TVお次はApple TV。こちらは日本のストアでも販売開始されています。2月発売で36,800円。TVにつないでiTunesライブラリの中身を観賞するもので、パソコンとシンクロしてパソコン内のデータも出力できるというもの。ワイヤレス接続も可能ですが、iTunes用に圧縮された映像はかなり容量が少ないとはいえ、ハードディスクが40Gとは容量がいささか少な過ぎる感が。せめて一番大容量のiPodと同じ80Gにして欲しかったところ。4つの必要な要素として、ワイドスクリーンテレビ(うちはこれに該当せず...)、こんピュータ、ネットワーク接続、ケーブル...だそうです。Front Rowのようなインターフェースでお使いいただけるようです。

AirMacベースステーション基調講演では出てきませんでしたが、同時にAirMac Extreamベースステーションも新しくなりました。最高5倍高速になるらしい802.11nという新しい規格も追加され、全部ででa/b/g/nに対応。LANポートは3つあり、USBポートにはHDDをつないでネットワークストレージにすることもできるようになりました。しかし、USBポートは1つしかないのでプリンタとHDDのどちらかになりますから、こうなるとUSBポートも複数付けて欲しかったところ。長年(?)親しんできた、巨大甘食型からはお別れで、miniやApple TVに合わせたスクウェアな外観となりました。実はこのところAirMac Extreamベースステーションをリセットする機会が増えているので、ちょっとこれは欲しいかも。

Techhero Wireless20070109そして、問題のiPhoneです。大画面Video iPod、タッチパネル式iPodという噂も全部取り込んでのアップル製携帯電話だったのでした。まず、ボタンが1つしかない...というところはアップルらしい発想で拍手!カメラ・Wi-Fi(無線LAN)・Bluetooth2.0に対応し、携帯電話の中にはOS Xが入っているそうです。おぉ。そのため、WebブラウズにはSafariを採用。アメリカでは4GBモデルが499ドル、8GBモデルが599ドルで6月発売。ヨーロッパでは今年の第4四半期、アジアでは2008年だそうです。あくまで「アジア」という表現なので、日本で発売されるのかどうかは現時点ではわかりません。日本は米国と携帯電話の規格が違うので、少し難しいかもしれないですね。やる気のありそうなソフトバンクさんあたり、起死回生の一発ということでお願いします。

最後には、Appleの社名をApple Computer,Inc.からApple Inc.に変更するとの発表が。日ごろアップル、アップルと言っているのであまり違和感はありませんが、富士写真フィルムが、富士フィルムになったような感じですね。これが新しい始まりということのようですね。基調講演後には、JB(ジェームス・ブラウン)の「I feel good」が流れたそうです。

iPhone関連でGoogleとYahooに同時に提携したのが興味深いところ。また、アメリカの一般メディアでも、iPhoneは発表前から話題になっていたので、実際に発売されてからの評判や売れ行きが気になります。iPhoneの中身やインターフェースについては、ストリーミングでデモの様子を見ないことにはまたピンときませんが、日中にはストリーミング配信が開始されることを願って...今朝はこれまで!

すでに日本のAppleStoreでは、Apple TVとAirMacベースステーションが販売開始となっています。
Apple Store(Japan)

トラックバック(5)

iPhoneがでた。 Apple TVがでた。 AirMac Extreamがでた。 2つ、、、買った。でも一番欲しい物は、日本での発売がまだ未... 続きを読む

来ました!来ました!遂に来ました!!! アップルが遂に「iPhone」を発表しました!!! ウワサどおり Cisco Systems の商... 続きを読む

ほんと見せつけてくれます。 iPhone は冷静に久しぶりに欲しいと思った商品で... 続きを読む

遅ればせながらエントリ(笑) いやぁ、出ましたね。噂通りのiPhone。 でも... 続きを読む

ついに出ました!!... 続きを読む

コメント(6)

今更「アップルが作った携帯です」と言われてもね。

>じゅん 様

日本では携帯電話として使えないわけですから「今更」...という以前に、現段階では絵に描いたモチとも言えます...。

先行き不透明のPalmユーザーとしてはPDA+iPodのみの機能だけでよいから日本語版を発売して欲しいです。

>グース 様

>PDA+iPodのみの機能だけでよいから日本語版を発売して欲しいです。

無線LANとBluetoothだけでも使えれば、かなりのことができそうですね。ユーザーがアプリを追加できれば、Palmのようにどなたか日本語化してくれたりしそうなのですが、それはできないようなので残念です。

ほんとせっかくOS Xが乗っているのにユーザーがXcodeでiPhoneアプリを開発できないのは残念ですね。
というか、シェアを獲得するにはそれは必須な条件だと思うのですが、セキュリティを盾にしているAppleの本音はいったい何なのでしょうね。

>セキュリティを盾にしているAppleの本音はいったい何なのでしょうね。

モノが携帯電話、そして初めてのOS X搭載となると、へたにイロイロインストールさせて機能不全になってしまうのは困るのではないでしょうか。
初物なのでこのあたりは仕方ないかなと思っています。今後に期待しましょう。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2007年1月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよ本日深夜午前2時、基調講演開始であります」です。

次のブログ記事は「MacWorld 2007 Keynoteストリーミングを見る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。