やはり私はパーマン派

| コメント(0)

昨日の9月25日は小学館:藤子・F・不二雄 大全集の発売日。私は「パーマン」と「オバケのQ太郎」のそれぞれ第2巻を購入。今月は「ドラえもん」の発売がないので、ドラえもん派の方は寂しいですね。

読んで見るとやっぱり私は「パーマン派」だなぁと思います。

今回のパーマン第2巻には、私が何度も読んだパーマンのコミックス(現在ボロボロ)と同じ話が収録されています。大好きな「○ソ○ロ・コンクール」、「国際スパイ大作戦」があらためて読めると思うだけで感激。

来月の第3巻からは学年誌版になります。どうも自分の中では学年誌版を半分バカにしているところもあるのですが、マスク違いのパーマンの話(テレビで言うとパイロット版でしょうか...)も収録されているらしいので、ちょっと楽しみにしています。

  

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年9月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「週明けにiMacやMacBookが登場か?」です。

次のブログ記事は「気になるカメラの話題」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。