コーンウェル「スカーペッタ」

| コメント(0)

 
こういったシリーズ物はどうしても途中でやめられなくなります。昨年末、クリスマスに発売された、パトリシア・コーンウェルの検死官シリーズの最新作「スカーペッタ」読了しました。

この話の中身も、大晦日に事件が起こります。(ほんの少しネタバレあり)

今回はタイトルからして、スカーペッタ本人の名前だったりして、どうも意味ありげでしたが、前作でチーム解散?と思わせておいて、あっけなくおなじみの面々が再び勢揃いします。

ネタバレになりますので、あまり筋については書きませんが、今回はMacBook Airが2箇所で登場します。まず、ハイテクの天才ルーシーが常に持ち歩いているマシンとして何度も登場。そして、話の発端となる殺人の被害者も結局MacBook Airのユーザーでした。現場にノートパソコンの電源コードだけが残されているシーンがあり、それがマグネット式だったりして、こりゃMac系かな...と想像していましたが、やっぱりでした。

その他、スカーペッタが現場でシャーピー(私の好きなUSAのマジックです)で書き込みをするシーンなどもあり、登場するアイテムにところどころ反応しながら読みました。

内容ですが?...まあ、いつものペースで最後の数十ページで急展開です。殺される人の数が少ないので、検死のシーンも少なく、事件のドロドロ感はいつもよりも少なかったと思います。チーム再結集が今回のテーマなのかな...とも思いました。

 
ワンプッシュでペン先を出し入れできますSANFORD Sharpie RT サンフォードシャーピーRT

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2010年1月 4日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の頭池観察記(48)水鳥さん達、今年もよろしく!」です。

次のブログ記事は「アップルのイベント情報:1月27日のようです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。