「スティーブ・ジョブズ」100万部出てまさかの赤字…の件。

| コメント(0)

単純に計算すると、1,995円の本が上下巻合わせて100万部で1,995,000,000円の売り上げ。それを1巻の80万部で割ってみると2,493.75円。とすると、2,980円ぐらいで1巻にまとめて出版したほうが、2巻に分けたときよりも印刷と輸送コストがかからないし儲けがもっと出たはずです。購入した層の多くはサラリーマンだったと思われますから、この値段で売れたんじゃないのかなぁ。

電子版も含めて黒字化、さらに文庫化で儲けが出るでしょうという結末ですが、講談社文庫で「スティーブ・ジョブズ」というのも、なんだかイメージが違うような気もするなぁ。そして、いずれ大漁…もとい大量のII巻が裁断に回されてしまうのだろうか…とその様子を想像中。黒い表紙が縁起悪かったですよ、やっぱり。

それでも第2巻、マーケットプレースにもすでに沢山出品されてマス…。(繰り返し申しておりますが、講談社を助ける訳ではありませんが、まだ興味があって読んでみたいと思っているビジネスマンな方は、まず2巻を読む事をおすすめします。ビジネス書的なお話はほとんど2巻に偏っています。)

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年2月10日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日のうぐいす餅:仙太郎」です。

次のブログ記事は「昨日は新聞各紙までiPad 3 の3月上旬発表の噂を報道。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。