本日のうぐいす餅:神保町の文銭堂

| コメント(0)

文銭堂のうぐいす餅。
ネタ切れのため、少し前に食べたうぐいす餅の写真記録を。神保町のすずらん通りの文銭堂さんのうぐいす餅です。

文銭堂さんは、銭形平次最中が名物だった模様です。
神田 橘菖 文銭堂 | 銘菓神田川・銭形平次最中 | TOPページ

粉はうぐいすでしたが、餡は確かつぶ餡だったのですが、時間が経って忘れてしまった…すぐ記録しないといかんですな。餡が少し薄めであんこが主張するタイプのうぐいす餅でした。細かい点数はつけられませんが、総合点では60点ぐらいだったかと。

すみません、私のブログはライフログ的なところもあるので、しばらく立て続けに貯まったうぐいす餅写真になるかもしれません。

※本当はiCloudに対応したiTunesとか、iTunes Storeでソニー系レーベルの洋楽の扱いが始まった話とか、先週はアップル系な話もあったのですが、ちょうど帰省していてすっかり話題に乗り遅れてしまいました。今回は行っている間、あまりネットも利用しなかったので。まあ、たまにはそういう休暇があってもいいですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年2月26日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浅井元義「スケッチ石巻・古い家並み」と特価「石巻の歴史」」です。

次のブログ記事は「平川克美「小商いのすすめ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。