ファーブル昆虫記 全20冊 岩波文庫。

| コメント(0)

岩波文庫「ファーブル昆虫記」セット25年前に購入した、岩波文庫の「ファーブル昆虫記」全20冊セット。これも「ブック・キープ・サービス」に預けました。

岩波文庫「ファーブル昆虫記」セット何年ぶりかで箱を開けたところ、中のパラフィン紙がすっかり茶色になっていました。岩波文庫がパラフィン紙に包まれていた時代なんて、もう遠い昔となりつつありますな。私も歳をとったわけです。


この他、古本屋ではなく新刊書店で購入したパラフィン紙に包まれた岩波文庫としては、正岡子規の随筆一式を持っています。これもすっかり本棚の飾りになっているのですが、そうは言ってもこれだけは常に一番よく見えるところに置いています。

↓こんな表紙になる前ですね。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年6月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あふれた本を整理すべく「ブック・キープ・サービス」を利用することにしました。」です。

次のブログ記事は「宇都宮浄人『鉄道復権: 自動車社会からの「大逆流」』を読んでいろいろ考えた。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。