「アップル地図で遭難事故が続々、命の危険と豪警察」の記事が駆け巡る。

| コメント(0)

今日は、アップルのiOSの地図に関するニュース(オーストラリア警察が「Appleの地図を使うと道に迷って荒野で死ぬ危険がある」と警告)が新聞各紙に次々と取り上げられてびっくりしました。地方紙にまで波及してますね…

Victoria Police Online News Centre - Police concerned with Apple iOS 6 mapping system
始まりはこちらから…

ちょっと調べてみても、全国紙から地方紙まで続々…そんなにセンセーショナルだったのか。

世界の雑記帳:「アップル地図アプリで遭難多発」、豪警察が使用中止を呼び掛け- 毎日jp(毎日新聞)
朝日新聞デジタル:[CNET Japan] 豪警察、アップル地図アプリに頼らないよう警告--ドライバーが荒野に迷い込む事例受け - デジタル
アップル地図で遭難続々 「命の危険」と豪警察  :日本経済新聞
豪警察、アップル地図に警告「生命の危険を及ぼす」 - MSN産経ニュース
河北新報 内外のニュース/アップル地図で遭難事故が続々 「命の危険」と豪警察
ミサイル「衛星周回」と北朝鮮 米韓、軌道進入を確認|山形新聞

最初からがっかりだったクチですから、あの地図を信じるほうが悪いよ!という気持ちにもなってますが、本当にあれをカーナビ代わりに使うものなのですね。そっちに驚きました。外出先で地図を使おうとする度に、サードパーティー製のマップを使ってはいますが、それでもあの「マップ」を思い、いまだにヒジョーに残念な気持ちになります。

元になったデータが間違っていたのだという情報も。

豪警察がアップル地図アプリ使用を警告した問題、原因は地元データの誤りの可能性 - CNET Japan

ユーザーの情報を集めて直していく方法も、悪意を持った情報なのかどうか確認しているのかどうかも疑問ですので、命の危険に関わるのだから、しっかりした情報を使って欲しいものです。

願わくば、アップルも反省して思い切って自社マップの開発を打ち切り、Googleともう一度契約を結んでくれないかと祈るばかりです。中途半端なiPhone 5Sが出るよりも、そちらのほうがよっぽどうれしいです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2012年12月12日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高村薫「冷血」読了。」です。

次のブログ記事は「夏葉社さんの「冬の本」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。