iBook Storeで本格的に電子本販売開始縲怦モ外と読めるけれどお金は出せない。

| コメント(0)

iBooks 3.1 (無料)App
カテコ繧刄言: ブック, 辞書/辞典/その他
販売元: Apple - iTunes K.K.(サイス繧餀: 43.1 MB)
全てのハ繧凵[シ繧刄㏍唐フ評価: (9,040件の評価)
+iPhone/iPadの両方に対応

昨夜より、いよいよ…というか、やっと日本でもiBook Storeで電子書籍が購入できるようになりました。iPhoneやiPadに、iOSの無料アプリ「iBooks」をインストールすると利用できるようになります。

アップル iBooks v3.1提供開始、iBookstore で有料日本語書籍を販売 - Engadget Japanese

とりあえず、あれこれ眺めるのも話のタネ。さっそくiBook Storeをブラブラしてみると、思っていたよりはいろいろありました。著作権切れの無料本がたくさんあるのが効いていますね。

iBook Storeの使い方はこちらでどうぞ。(過去記事を読めばたの電子書店とも比較できます)
あなたに合った電子書店を見つけよう:これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――iBookstore(速報版) - ITmedia eBook USER

個人的に、お金を出してまで欲しいというものはありませんでした。安く売っていれば買うのですが、他の電子書店と価格は変わりませんし(Kindleより若干高め)、日本の電子書籍は高めの価格設定ですので、ブックオフで買うのとたいして値段が変わりません。

電子書籍で向田邦子の本を350円で買うぐらいだったら、ブックオフの文庫本105円のほうがいいかも…などとついつい考えてしまうのです。「スティーブ・ジョブズ」の1巻がまだ2,000円(Kindle版は1,995円)だなんて高すぎますよ。これは講談社の値付けの問題だどうと思いますが、せめて最近出たソフトカバー版の1,000円のものを基準にすべきです。

阿川佐和子さんの昨年の新書のベストセラー「聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)に至っては、紙の新書とKindle版は値段が一緒で、iBook Storeでは10円高いというなぞ。紙の本より高いって…。こうなると、読み終わったものは古書店などに売却できるという点で、同じ新品なら紙の本が最もコストパフォーマンス高いですよ。

かくいう私は、そんな理由からお金を出す気にはなれず、正岡子規・寺田寅彦・夢野久作・山中貞雄・宮沢賢治・永井荷風・中谷宇吉郎など、著作権切れの無料の本(青空文庫系)をドカドカとダウンロードしてみました。

しかし、ダウンロードする時点で多少つまづきも。たとえば「正岡子規」(けっこうありました)の本は、全部無料なのでごっそり全てダウンロードしたいのですが、1冊ダウンロードする毎にStoreの画面からiBooksのライブラリ画面に切り替わってしまうため、非常に面倒。iBook Storeはアメリカでスタートしてからある程度時間は経っているのに、このあたりのフィードバックはなかったのでしょうか。あちらではまとめ買いって少ないのでしょうか。

あとは読むだけ。iOSのiBooksアプリも、今回の日本のiBook Storeオープンに合わせて、縦書き横スクロールができるようになり、あの指でページをめくるギミックを縦書きで実現できるようになりました。

フォントの大きさを大きめにすれば、意外とiPhoneでも短編ならササっと読めますね。フォントの大きさはもちろん、フォントも5種類ほど揃っています。游明朝体が見やすいらしいですね。白いバックが目に染みる方は、セピア色のバックや黒バックを選ぶこともできます。

毎日iPhoneで読書しようとは思わないけれど、通勤本を忘れてしまった時(これ、実は大ショック)や、途中で全部読み終わってしまった時の抑えとして、iBooksになにか入れておけば安心(?)です。もちろんiPadのほうが大きくて見やすいですよ。文庫本よりは字が大きいので、長時間でなければあきらかに読みやすいです。

というわけで、今回ダウンロードした中では、山中貞雄の「陣中日誌(遺稿)」を、折りに触れて眺めたいと思います。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年3月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「3.11 慟哭の記録―71人が体感した大津波・原発・巨大地震」」です。

次のブログ記事は「最近の読書行動…ではなく書籍購入行動。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。