趣味の文具箱 Vol.25とCasa BRUTUS「文房具が好きです笙。」

| コメント(0)
毎号買っている趣味の文具箱の25号が出たので買ってきました。マンネリではありますが、今回も最新万年筆カタログとなっております。

amazonのレビューでは酷評されていますが、新進気鋭のペンドクター宍倉さんのお話のほか、フルハルターの森山さんのモンブランにまつわる話、連載に近くなっている、路上文具考現学「今、持っている文房具みせてください!」の企画なども面白かったと思います。

文房具みせてくださいの企画は、ナガサワ文具センターが進出した梅田茶屋町ば舞台で、ナガサワ系の濃い方もたくさんいらしゃって楽しめました。わたしもいざというときに備えて、持ち歩きの文房具もいつもバッチリ決めておきたいなぁ。

登場したペンの中でいいなぁ…と思ったのは、特別生産品 Pelikan Souveran 800 トータスシェル・ブラウン…いわゆる茶縞です。限定2000本だそうです。いいなぁ、だれかプレゼントしてくれないかなぁ。

で、ついついついで買いしてしまったのがCasa BRUTUSの「文房具が好きです笙。」号。

パリのコンセプトショップのバイヤーさんが選んだ日本の文房具とか、ヴィンテージ文房具の権威とか、なかなかマニアックな内容です。片岡義男の「文房具を買いに2013」などの読みどころもあって、趣味の良い文房具がたくさん登場して、趣味の文具箱以上に楽しめました!文房具笙。な方にはオススメです。

私は、ほしのよりこさん愛用の、カール事務機の卓上鉛筆削りが欲しくなりました。これだったら買えるぞ!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2013年3月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「くみこさん用プリンタにエプソンの複合機EP-805AWを注文。」です。

次のブログ記事は「明日は3月11日。「あれから2年」の私の5冊。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。