くみこさんのAirMacを交換...NATが二重???

| コメント(0)

20140527204713実家のAirMacのWi-Fi、このところしばしば固まってしまい、そうなると電源の入れ直しで切り抜けてきました。最初はADSLだからルーターが安定しないのかと思っていたのですが、前回帰省時に古いAirMac Expressが固まってしまってるようなところもあり、私が使わなくなっていたAirMac Expressと交換することにしました。

あらかじめリセットボタン長押して、中身を工場出荷状態にリセット。名前とパスワードだけ設定して持参。新しいAirMacに電源を入れ、ADSLのルーターからのLANケーブルを新しいほうに差し替え、AirMacユーティリティで状態を確認しました。


Airmacalert
とりあえずネットは何もせずとも使えるようになったのですが、AirMacユーティリティでは、なにやら警告が1つあるらしい。

Airmacnat2
その赤い数字をクリックしてみますと、不具合の概要が表示され、「二重のNAT」と表示されております。ADSLのルーターのNATの機能とバッティングしているということのようです。


「二重のNAT」についてネットで調べてみたところ、「AirMacユーティリティ」の「ネットワーク」 の設定で「ルーターモード」をブリッジモードに切り替えるだけてエラーが解消されました。

Airmacbridge
これで置き換え完了。そして心なしが、ネットのスピードも上がったような気がします!

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年5月27日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近は通勤途上でいろいろな生き物に出会います。」です。

次のブログ記事は「石巻定点観測:2014年5月。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。