本日の古本:ともきんすな科学書。

| コメント(0)

R0016576.JPG本日は地元下北沢で買った科学書3冊。

ドミトリーともきんす」つながりで、書店のフェアでみかけて欲しかったのだけれど、定価が高くてパスしていた「トムキンスの冒険」とそのコミック版「トムキンスさん
」。それぞれ別のお店でみつけました。あるときはあるんだな。

おそらくコミック版を読んで、単行本のほうは本棚に飾ることになるような気がします。

R0016575.JPGそして一番のヒットは、岸田久吉「蜘蛛の生活」。文庫本ぐらいの小さくて薄い白黒写真冊子なのですが、キシダグモ科というクモの科名の由来になっているクモの先生の著。なんと昭和8年発行の本でびっくりしました。表紙はコガネグモです。

この「アルス科学写真叢書」、巻末の刊行予定をみるとラインナップが面白そうなものばかりなのですが、なにぶん戦前の本なので集めるのは難しそうです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年10月 2日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石巻のむし:ヒトスジシマカなど」です。

次のブログ記事は「本:「それゆけ、水産高校!―驚きの学校生活と被災の記録」〜水産高校ってスゴイ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。