本日の幸福:中島賢「スタアのいた季節」

| コメント(0)
昨日のブログに書いた「芸人と俳人」、書いているうちに読みたくなったので幸福書房へ。そこでみつけて買ったのがこちらです。

倒産後いろいろあってカドカワ傘下になっている大映のお話。そう、大映には市川雷蔵(表紙の右側にいます…)がおりまして、雷蔵映画を見ていると、大映スターもそれなりにいろいろ体験しているという訳でございます。これは読まなければっ!

字が大きくてスチール写真が多いようので、すぐ読めちゃいそうです。こういう本は、amazonさんは私になかなかすすめてはくれませんので、本屋さんに行かないと気付かないですよ。

そのほか、買うか買うまいか悩んで、多少立ち読みして買わないことにしたのがこちらの2冊。どちらもムシ本だったけれど、養老先生はミャンマーでの昆虫採集の話が中心だからいいや…奥本先生のほうは、挿し絵がイマイチ…という理由でパスしましたが、文章が悪かったというわけではございません。自制のための理由づけです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2015年7月 6日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK俳句を毎週見てます。」です。

次のブログ記事は「ジャポニカ学習帳人気投票は昆虫の圧倒的勝利!!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。