石巻定点観測:2016年3月 笠屋さんのうぐいす餅!

| コメント(0)

石巻
2016年3月8日午後4時ぐらいの様子。

午後から暖かくなってきたので、庭作業するべく外に出てみましたら、さっきまで薄日が差していたのに、海の方向からどんどん霧が流れてきます。もう遠くが全然見えなくなりました。冷たい海の上に暖気が吹き込んで来たので霧が発生した…というやつではないでしょうか。

石巻
ということで本日の様子です。思っていたより手前の復興住宅は建設がそれほど進んでいませんでした。

一昨日は、雨の中、駅から歩いて門脇まわり日和山登山コース。山形屋商店さんで、いつもの吟醸味噌を買うべく歩いていたのですが、通りすがりの「笠屋」さんで「うぐいす餅」の文字を発見。これはチェックしないと!

ということで店内に入りってみますと、以前と少し様子が変わっており、これまでのおからクッキーが消えていて、うぐいす餅・桜餅・がんづき(郷土菓子)などの和菓子、そしてたくさんの洋菓子が並んでいました。洋菓子も始めたんですね、とお話ししてみたら、洋菓子は南三陸町のさんさん商店街で洋菓子店を開いている息子さんの洋菓子で、笠屋さんの和菓子と息子さんのお店の洋菓子をお互いに交換して販売をしているのだそうです。笠屋のおばさん、嬉しそうに教えてくれました。

こちらがそのお店ですね。
オーイング菓子工房 Ryo(リョウ) | 南三陸さんさん商店街

笹屋さんのうぐいす餅。和菓子が復活していました!うぐいす餅と、息子さんの作ったマドレーヌを買わせていただきました。


石巻ちなみにうぐいす餅は餅部分が柔らかくてふわふわした食感。餡の甘さもちょうどよくて、こしあんながら美味しかったです。マドレーヌは色んな味があり、小ぶりなのも食べ飽きなくて良いですね。また違う味も食べたくなりました。


石巻再び歩き出し、丸平かつおぶし店と山形屋商店の門脇老舗お買い物コース。その先の道は復興工事でとても徒歩で歩けるような雰囲気ではない(晴れていたら歩いていたかもしれませんが)ため、日和山への脇道階段を登ることにしました。階段がきつくて途中で一休み。(階段の写真も撮ればよかったな)


石巻頂上の神社の鳥居のところまで行ってみると、3月11日が目前ながら周囲には誰もおらず。まあこれでいつもの日和山に戻ったのかなとも思いつつ、家に向かったのでありました。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

燕の何聞くふりぞ電信機

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年3月 9日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「仙台の巨大古書店萬葉堂鈎取店は女性パワーで出来ている!」です。

次のブログ記事は「「石巻南浜津波復興祈念公園」なんとも漢字の多い名称…」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。