Casa BRUTUS 2016年 12月号 「居心地のいい本屋さん」

| コメント(0)
美容院でチラリと見かけて、そのあと本屋さんに駆け込んで買いました。

ブック&ブックストアガイドとありますが、主に(おしゃれな)ニュースタイルの本屋さん中心に紹介されておりました。でも表紙はホテルのライブラリー。そんな本の空間の紹介ですな。

文章も読まず(ライターさんごめんなさい)に、ただ本が並んでいる空間を眺めて満足しております。どんな本が並んでいるのか、もっと分かると良かったなぁ。でもコンセプトが「意心地のいい」だから、本というよりは(CASA BRUTUSですし)、本のある空間紹介ということなんですよね。

この特集で初めて知りましたが、最近、真田丸に沸く上田市に古本空間が増えているのだとか。古本ネット販売のバリューブックスが始めた「BOOKS & CAFE NABO」がきっかけのようです。上田、ちょっとうらやましいです。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

あつき夜や汽車の響きの遠曇り

このブログ記事について

このページは、raizoが2016年11月17日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カレル・チャペック「園芸家12カ月」(何年ぶりの再読だろう…)」です。

次のブログ記事は「今日は一斉にTouch Bar付きMacBook Proのレビュー解禁!(良いのか悪いのかわからないなぁ。)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。