そういえば「ブ」で買った絵本たち。

| コメント(0)

ブ での絵本の収穫を振り返る先ほど本を片付けていたら、2ヶ月くらい前に地元の「ブ」(ブックオフです)で買った絵本が発見されました。きれいなのに安い絵本がたくさんあって、興奮しながら何冊かまとめて買ったのでした。

よくよく見ると、かこさとしさんの「地球」も美品なのに108円でした。すっかり忘れていたのだけれど、今となってはお買い得だったよなぁ。


ブ での絵本の収穫を振り返るそしてこちらの「しっぽのはたらき」も108円。これは私の思い出の絵本でありまして、私が幼稚園の頃に何度も読んだ「かがくのとも」第1号を絵本化したもの。この絵本のことは、この時に書いていますね。

薮内正幸画「だじゃれどうぶつ図鑑」 - now and then

うむ、かがく絵本ばかりですね。

このところ、(子どもがいるわけでもないのに)絵本に触れる機会が増えているので、図書館でも本屋さんでも絵本に目がいくようになりました。大人も楽しめる絵本、たくさんありますね。自分はひと昔前の絵本しか知りませんでしたから、ちょっと新鮮でもあります。

がっつり読書に疲れたら、絵本を開くのもいいですね。


コメントする

アーカイブ

子規の一句

五月雨やけふも上野を見てくらす

このブログ記事について

このページは、raizoが2018年5月21日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NHK ドキュメント72時間「島へ 山へ 走る図書館」」です。

次のブログ記事は「片岡義男「万年筆インク紙」:ことのほかマニアックなエッセイ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。