「建築模型博物都市」@東京大学総合研究博物館

| コメント(0)

建築模型の博物都市東京大学総合研究博物館へ「建築模型博物都市」を見に行きました。写真撮影して良かったのかどうかわからなかったのですが、ちょうど入ってきた中国人のご一行様が、バシバシと写真を撮り始め、係の方も何も注意していなかったので、私も控えめにパチリ。

「UMUTオープンラボ――建築模型の博物都市」展 東京大学総合研究博物館

昨年末までの展示だったそうですが、好評につき2月13日まで会期が延長されています。

会場には国内外の有名建築の白い模型がたくさん並んでいます。模型がのっている古い机も味があって、模型が引き立っていました。模型には、よく見るとものすごく小さい人形が飾られていて、時にはその人が取っ組み合いしていたりしました。たぶん触れてはいけないのに触れられて、ダンゴになっていただけだと思います。

知っている有名建築や建築家の作品から、学生の習作までが並んでいます。有名建築にしても、いろいろな角度の写真ではみたことがありますが、空から見た俯瞰などはなかなか見られないので、それぞれの建築を上から眺めることができたのは面白かったです。また違った視点で建築を見ることがきました。

そういえば、買っておきながら積ん読のままです...

磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ
磯崎新の「都庁」―戦後日本最大のコンペ平松 剛

おすすめ平均
starsフジテレビ本社デザインに何を思う
stars表紙の柔らかさと内容の刺々しさのギャップがたまらない怪作
stars丹下あっての磯崎新。その図式が(古いと言われようと)読み物として面白い!
stars知られざる過去と事件と人脈へ
stars権力者とアナーキスト

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2009年1月14日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Parallels Desktop 4.0 For Mac」です。

次のブログ記事は「触れないわけにはいかないですよね...ジョブズの療養休暇宣言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。