実家で「白神山地をゆく」発見。

| コメント(0)

父の本棚よりただいま石巻に帰省中。だいぶ蔵書が少なくなった父の本棚の本をふと眺めていたら、なんと昨日レビューした根深誠の白神山地の昔の本が!

主に釣り雑誌に連載していたイワナ釣りの話が中心ですが、若干マタギの話もでてきます。しかしなんともタイムリーでびっくりしました。

思い返してみると、父は山の本や写真などは好んでいたので、それで読んでいたのかもしれません。

ガルシア・マルケスの「族長の秋」も並んでいるのですが、いつか読もうと思いつつなかなか手が出ませんです。

マルケスなどの小説は別として、ノンフィクションもの、科学ものが好きという読書傾向は、今の私とけっこう近いものがあります。今、本の話ができれば面白かったかもしれないなぁ。

コメントする

アーカイブ

子規の一句

鮟鱇の口あけて居る霰かな

このブログ記事について

このページは、raizoが2014年11月13日に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「根深誠「白神山地マタギ伝:鈴木忠勝の生涯」」です。

次のブログ記事は「カメイ美術館「浅井元義スケッチ展」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。